ホンのつまみぐい

いろんなもののファンをやっている人が、日々のよしなしごとを綴っています。

名付けようのない時間を定着させる「家族最後の日の写真」植本一子写真展@Nidi gallery

f:id:hontuma4262:20170207210321j:image
 

展覧会タイトルの元になっている書籍はまだ読んでいない。

 
石田家の日常と、病院での日々と、植本さんの日々。
 
食道がんで入退院を繰り返しているという今のECDは、私の父がガンで亡くなった年齢と近い。
 
泣くかと思ったけど、一枚で情動の引き鉄を引くような写真はなかった。マスクをつけたふたりの娘がベッドに横たわるECDを見ているところが唯一物語のある写真だろうか。懐かしい恐怖心がよみがえってきて、少し悲しくなった。
 
写真には撮影者と撮影対象の距離が映るというが、実際は定義しきれない対象との距離を客観視するためにシャッターを切ることもあるのではないか。
 
日常はかけがえがないとか、すばらしいとか後から定義するもので、その場には名付けようのない表情が存在する。そして、写真がそれを捉える。
 
最終日、植本一子さんが在廊。なぜか寺山修司のお面をつけながら、サインや会話に応じていた。 
 
ECDはどの写真でも、あの、何かをのぞきこんでいるような穏やかな目をしていた。
 

 

家族最後の日

家族最後の日