ホンのつまみぐい

誤字脱字・事実誤認など遠慮なくご指摘ください。

フジロックのCMダサい話メモ

 

 こんなツイートがバズっていた。

 指摘されているCMは、渋谷のスクランブル交差点を歩いている小太りの中年サラリーマンが突如踊りだすところから始まる。いつしかサラリーマンは苗場で踊りだすが、実はそれも居酒屋での夢だったというもの。夢に見るほどフジロックに行きたいというコンセプト。

 初見、「フジは行ったことないけど実際フェスのお客さんてこんな感じじゃないの」と思ったので、そう悪いもんでもないと思ったが、ふとダサいの内実を少し細かく考えてみた。

 私は基本的にはダサいものに親近感を覚えるタイプで、ちょうどこの間「アイドルとストリップとヒップホップの共通項はダサいことだなー」と思ったばかりだった。補足すると、私がアイドルという時は自分がいままで観てきた地下アイドルのことを指すことが多く、K-POPなどは含まない。

 こういう文化は舞台そのものがインディーであったり、内輪向けであったりすることが多い。そういう文化がダサいのは、ある意味で当たり前で、でも、そのダサさに救われる人もいたりする。方向は狭くとも、掘り下げていくことで深みに達することもあるし、参加が容易だからいろいろな人が表現に参加できて、そういうダサさは悪いものじゃないと思う。ヒップホップはグローバルな存在になったアーティストでも内輪であることを厭わなかったりするし、それが強さでもある。

 そういうものでなく、金持ちが貧乏人をバカにして、底の浅いものや貧相なものを出してきた結果、ダサいものが出来上がる。これはもうシンプルに悪いダサさである。

 しかし、今回のダサさはそういうものでもなく、誰もスケールの大きいことを考えられなくなったことによるダサさ。世界がしょぼくなったことの証明としてのダサさなのではないか。

 世界規模のロックフェスを素材にして、「ストレス解消最高!」という物語しか作れない貧弱さ。ここにあるダサさがそういうものだとすると、嘆きたくなるのもわからなくないような……。

 このツイートに対する反論が「フジロックは金がかかるから若者は行けない。だから中年層をターゲットにするのは正しい」だったりするわけなんだが、それは「ダサい」の証明になっているだけだろう。

 CM制作側の気持ちはわからないけど、その理屈は「金を集めたいから金持ってる層にリーチする、ストレートにスケールの小さいCM作りました!」ってことじゃんな。   

 そりゃ資本主義的には正しいのかもしれないけど、夢とか虚勢持ってないとやっぱ面白いもん出来ないのではないか。このCMのキモは音楽に出会うことによる精神の解放で、それ自体は大切なことなんだけど、そうやって客がマーケティング設定を口にして解説しちゃうと、その解放もなんだかわざとらしく見えちゃうし。

 そう考えると、やっぱりダサいことを恥じたりムカついたりする気持ちは大事にすべきかもしれない。今、なんかダサいことを怖がらなさすぎではないでしょうか。

「世界を変える」と歌う人 Kamui YC2.5 ONE MAN LIVE @www

f:id:hontuma4262:20220623155406j:image
f:id:hontuma4262:20220623155402j:image
f:id:hontuma4262:20220623155410j:image

 30分ほどのDJのあと、少し背を丸めながら出てきたkamuiの姿を観て、思いの外ぐっと来た。kamuiが主人公として振る舞っている。そのことが目頭を熱くさせる。

 

 最初の衣装はロングコート。疾風のMVで着ているものだろうか。ステージにはDJセットの他にテレビが置いてある。そういえば、彼はこういうちょっとSFっぽいPVをよく作っていたなと、会場で改めて思い出した。

 

 声出しNG、撮影NGのライブ。でも、フロアの皆が熱を持ってkamuiのことを観ている。

 

 印象的な場面がいろいろあった。

 

 尊敬する先人がいたからクラウドファンディングに踏み切ったという話から呼び込まれるNENE(相変わらず華やか!)。そしてRyugoIshida(なんか見た目が地味になっていた?)。featring曲『KANDEN』を披露してからのMCで、「感電と言えば俺の中ではRyugoIshida。だけど、オファー前はすごく緊張してた。そんな中、ゆるふわギャングとラフォーレの階段ですれ違ってこれは運命だと思って、ゆるふわでオファーした」という微笑ましい話。

 

 クラウドファンディングで作ったボカロ曲『星空Dreamin’』のMVをしみじみと見つめていた瞬間。

 

 「針が止まったままの腕時計 動かしてやるからしかと見とけ 俺は誰も見下さない 代わりにみんないつか俺を見上げるのさ」とシャウトしてからの『Salvage』。

 

 恋人のMENACE無との曲で、彼女を抱き寄せたり、感謝を伝えたりする様子。

 

 コロナ禍、Age Factryに「今は歌が歌いたい」と伝えた話からの、ストレートな歌モノラブソングの披露。

 

 MUDLLY RANGERSたちの、細身の身体とそれにフィットしたどこか非現実的な衣装との相性の良さ。中年男性はときどき太ったラッパーにヒップホップらしさを見出すけど、若い世代にそういう感覚はあまりなさそうだ。どちらも不健康な身体なのかもしれないけれど。

 

 背景のVJはほぼ不穏なカットの連続で構成されていたけど、最後の『MY WAY』は過去のライブやMVの映像が流れ、ステージと観客の熱量をかさ上げしていた。MENACE無の「パピパピ」がいいアクセントになっていて、生で聴けてよかった。

 

 『MY WAY』を終えてから、拍手の音に促されて再び出てきたkamuiが「何も用意してないんだけど」と言ってから、ファンからのリクエストによって歌った『I am Special』。のどを嗄らすような「おれはとくべつ!」の絶叫も忘れがたい。

 

 でも、私が最も印象に残ったのは、kamuiの「『KANDEN』はサイバーパンクアンセム」というMCだった。

 

 この言葉を聞いた時、直感的にkamuiの表現したいことが前よりよく見えるようになった気がしたのだ。

 

 そのMCの後、ゲストを交えて次々披露される曲を聴きながら、改めてkamuiがたびたび「世界」について歌っていることに気がついた。

 

「俺が世界変えてく」

www.youtube.com

「この世界の色を塗り替える」

www.youtube.com「君の代わりに俺は燃える 世界が少し明るくなる」

www.youtube.com

 マネーゲームの舞台としての世界でも、盛り上げるべきフッドでもない、kamuiの「世界」。

 

 kamuiのMVや衣装には『AKIRA』や『鉄コン筋クリート』を下敷きにしたであろう近未来SF=サイバーパンク的世界観が採用されている。そういえば、初めてライブを観た2019年頃のkamuiは『鉄コン』のクロをアイコンにしていた。でも、彼の歌詞の中にある「世界」は、時に元ネタが描く「世界」より貧しくて過酷だ。『AKIRA』は荒廃した世界を舞台にしているけど、描かれた時日本はバブル真っ盛りで、そこに当事者意識はなかっただろう。

 

 現実を飛び越すためにサイバーパンクという意匠を使うkamui。そしてもう一方に、日常の味気ない街並みを背に歌うkamuiもいる。

 

 投げやりな風袋でティッシュ配りをするkamuiが、公園で「となりの住人 孤独死した 誰も気づかず死んだんだ 最期にどんな気分だったか 俺にはわかる 俺にはわかるよ」とラップする『I am Special』のMV。

 

youtu.be

 SF的意匠に彩られた夜の街を歩くkamuiが、ピカソゲルニカが描かれた壁を起点に、晴れの日の公園に戻る『疾風』のMV。

 

 kamuiにとってサイバーパンクは、荒涼とした現実を別のフレームでとらえ直すための装置で、その意匠があるからこそ、彼は現実を飛び越えるための歌を歌えるのではないか。そういうことが、前述したMCをきっかけに頭に浮かんだ。

 

 私はもともと、サイバーパンクにはそんなに興味が持てなかった。男の子たちの冒険譚のギミックとして愛用されている印象があるからだ。荒廃した都市には、ある種のロマンチシズムがあり、そこでは生活が見えなくなっている。

 

 しかし、kamuiは生活と直結した現実を抱えたまま、サイバーパンク的な世界を経由し、再び今ここにある「世界を変える」ために叫ぶ。

 

 丸めた背でマイクをつかみながら叫ぶkamuiを見ながら、切実な感情を放棄せずに生きていくことの苦しさと、それでも世界を――自分だけでなく世界を――を変えようとする彼の勇気を思った。

 

 リリースがライブに間に合わなかったことを謝り、何度もクラウドファンディングの出資者へのお礼の言葉を口にしたkamui。

 
 あの日のkamuiのことを考えるたび、自分と世界とのかかわりを正される。
 
「この世界の色を塗り替える できないなんて思ったことねえぜ stay young 正解はない」という『疾風』のフック。
 
 「できないなんて思ったことない? 本当に?」
 
 本当はどうあれ、「思ったことない」と歌い、生きる。そうする必要があるのだろう。kamuiは歌う。では、自分は…?

5月7日のSM Festa@池袋ミカド劇場

 関東で栗鳥巣さん観る機会が減ってしまって寂しいなと思っていたので、ちょっと二の足を踏んでいたSM興行へ。中に入ると黒いボディースーツ姿の中年男性の姿が目に飛び込んできて、「これがSM!」という緊張がはしる。とはいえ、客to客の交わりは基本ないのでのんびり観覧。

 イスは確保できないけど、ステージ自体は立ち見で支障なく見えるくらいの混みよう。

 2回目の栗鳥巣ソロから入場。アメを売りつける口上から入り、突然段ボールの曲で脱ぐコスプレ演目。細目の栗さん、コスプレ衣装がめちゃくちゃにお似合いだった。

 元ネタの完結を祝って演じられている演目だけど、元ネタが「文化の盗用」と言っていい終わり方だったので、ちょっと困った気持ちになってしまった。完結前に観ておいたほうが、ステージに集中できたかも。

 合間に夜羽エマさんの回しで今年90歳だか88歳の常連のお客さんの誕生祝い。いつも渋谷道頓堀劇場の一番いい席で寝ているという某さん。「いろんな女の子の〇を飲んだけど、栗さんのは塩ラーメンみたいで、結さんのは甘くておいしかった」とか「70年前からストリップを観ている」という話をしていた。ここしばらく誕生日は必ずSMフェスタで迎えているという某さん。「新宿(のSM興行)はね、ランジェリー撮影会とかは行かないんですよ」という某さんに、「某さん、ランジェリーってなんだかわかる?」という夜羽さん。某さん、経済学のエライ先生だったという話が出たけど、本当なのか? なんか愉快な時間だった。

 お次は内山沙千佳×京はるな。少年っぽい京さんとオラオラ攻めの内山さんでBL演目。二人とも達者だし、選曲と相まって安定感ある内容。このあと演じられた栗さんとのチームショーも京さんプロデュースらしいけど、こういう被虐的なのが好きだろうか。

 お次の結美奈子さんの作品はオペラ座の怪人モチーフ。清楚な衣装がお似合いで見ごたえあった。結さん初めて拝見したけど、ご本人も存在感もあわせて見ごたえがある。終わった後のオープンショーでお客さんが一斉にステージにコップを置いて、何かと思ったら、そういうことだった。手際良くステージに置かれるコップのコンコンコンという音が忘れられない。

 お次のMerc@さんの中華モチーフ?のダンスもよかった。

 Merc@さんのポラロイドの間に少し食事に。

 戻るとステージに半裸のおじさんたちが鎮座していた。参加型SMの時間らしい。しかし、SMというものからイメージする隠微な空気はなく、マンガならのほほんとかホゲーとかいう効果音がなりそうな雰囲気だった。

 参加しているおじさんたちはそれぞれ女王様(ボンテージ衣装だけど気さくな雰囲気の甘酒みるくさん)のおしおきを待っているのだけど、みんなSMに慣れているのか軽めのお仕置きにはびくともせず、女王様は「今日みんなプロばっかり」と漏らしていた。特に、軽めの痛みに対して物足りなさを隠さない白人男性が印象的だった。女王様が何故か最後にパラパラを踊っていたのも謎だった。

 こういうサービス、女性でも好きな人はいそうだけど、やっぱ圧倒的に男性向けが多いのかなあなどと考える。

 次はマルファス&灯月いつか(受け手&女流緊縛師)コンビのゴシックSM。三途の川の番人が死者を責めるというストーリー。詳細をどこまで書いていいのかわからないのでぼかすが、お互いが相当慣れてないとできないことをたくさんやった上で世界観をがっちり作り上げていてすばらしかった。陰惨な終わり方なのに、直後に緊縛師のマルファスさんが「は~い、それではポラロイドのお時間です」と喋りだすところで笑った。ショーなんだなあ。

 次は栗&京コンビのBL演目。これもどこまで書いていいのか謎なのでざっくり流れだけさらうと、受けが通りすがりの男にレイプされた上に殺されるという救いのない話だった。

 攻め役を演じる栗さんも、受けの京さんもものすごい気合で臨場感を作り上げていて、素材の生々しさもありどっぷりダウナーな気分に。いや、しかしいいショーだったと思う。時間が迫っていたのでここで退出。

 劇場にあまり立たない踊り子のショーや、普段と全く違ったコンセプトのショーが観られるのは面白かったけど、なぜかちょっと居づらさもあった……。排他的な部分は特になかったのに何でだろうな。ガチの人の気合が違ったからだろうか。でも、そこまででもなかったような気もするし、よくわからない。

 とにかく一度経験できてよかったという話でした。

もうかざめの心臓の刺身

f:id:hontuma4262:20220610112230j:image

 最近もうかざめの身を見かける機会、増えましたよね。ちょっとアンモニア臭がするけど、揚げ物にするとさほど気にならないし、安いのと加工がしやすいのがありがたくてたまに買います。

 そのもうかざめの心臓が刺身用に売っていたので買ってみました。

 ネットで調べたところ、レバ刺しっぽいという評判。塩&ごま油、酢味噌などで食べるのだとか。

 とりあえず洗って血を落としてから、動脈、袋、心臓に切り分けて刺身の姿に。塩&ごま油と酢味噌も用意。

 ザクッとした噛み応えと舌触りはたしかに少しレバ刺しっぽいけれど、レバ刺しにある「血を食べてる」感じはなく、かなりあっさり目。珍味としては面白いかも。ただ、値段がひとつ600~700円だったことを考えるとちょっと次はないかなという感じ。まあ、体験できてよかったです。あと、男女双方の性器を所有したような見た目に、思わず笑ってしまいました。

 

f:id:hontuma4262:20220610112233j:image
f:id:hontuma4262:20220610112226j:image

横浜駅西口の吉村家でラーメンのり増し

f:id:hontuma4262:20220608213359j:image

 たぶん神奈川で一番並んでる家系ラーメン。

 ラーメンにありがちなこけおどし感がなくてちゃんと美味しいし、オペレーションは洗練されているし、人気が出るのはわかる。

 とはいえ、列長すぎでは…。

 なぜか野菜が配られていたのでナスをいただいて帰りました。