ホンのつまみぐい

誤字脱字・事実誤認など遠慮なくご指摘ください。

よく見えることのよくない作用

『エルピス』を見始めたが、1話の長澤まさみの顔が美しすぎて、終始「美しい…」とつぶやいてしまった。

 女性の顔の良さにこんなにいちいち感動するのは生まれて初めてだ。

 この反応、長澤まさみの顔のよさは前提として、最近毎日ダイエットのために自撮りをしていることが影響していると思われる。

 写真に写った自分の顔と身体を凝視すると、その険が目に見える。「もう少し鼻が整っていれば」「あごが短くなれば」と、不満がいろいろと出てきてしまう。そして、長澤まさみにはこの険がない! 女優ってスゲー。

 とはいえ、私は人前に立つ職業ではないし、あまり身体に関するコンプレックスが強くないので、特にその不満を追求することはない。しかし、これが芸能関連の人や若い子だと大変だろうなとしみじみ思った。

 そもそも自分の若いころは今ほど自分の顔を鮮明に見る機会がなかった。鏡は携帯のカメラほど生々しくないし、映せる方向も限られている。

 しかし、カメラは身もふたもないくらい顔の「険」を映し、保存してしまう。それだけでなく、今はアプリで加工できる。「あごをもう少し削りたい」「目を大きくしたい」ができてしまうことが、よけいに顔に対する重圧をかさましているのではないか。

 『少女マンガのブサイク女子考』に、笹生那実さんが「昔は容姿にコンプレックスがあったとしても、そこまでそれをなんとかしようとしていなかった」ということを描いていた。笹生さんと私は20歳以上年齢が違うけど、私の世代でも今ほどの容姿に対する重圧はなかったと思う。

 「美しく、かわいくなりたい」と思うのは悪ではない。しかし、「美しく、かわいくなければいけない」と思いこまされているのなら、本当は思わせているほうを訊さなくてはいけないのに、実際はこちらばかりが苦労させられている。

 よく見えるようになることの弊害は自撮りだけでないだろう。

 例えば、Amazonの倉庫でバイトしていた人は「作業用のシール貼り機は、手が止まると報告がいく仕組みになっていた」と話していた。

 技術の進化で物事がよく見えるようになって、それは悪いことではないはずなのに、世の中が邪悪だとその邪悪さに利用されてしまう。

 これらの息苦しさに対してどのような対抗の方法があるのかということを、改めてぼんやり考えている。

 いつか長澤まさみの顔をただ美しいと讃えられる日が来るようにしたい。

ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌

f:id:hontuma4262:20220930213419j:image

 音楽の権利料の問題でソフト化が難しく、なかなか観る機会がないという話を聞いて足を運んだ。

 シネマリンがほぼ満席。20代のカップルや、現役ファンらしき児童も。いつもは中年を飛び越して老年ばかりの客層なので新鮮だった。

 絵描きのおねえさんとまる子の交流を描く話で、おねえさんが結婚して北海道に行くこと以外は大きなドラマはない。挿入歌に『ファンタジア』や『ダンボ』の酔っ払いのシーンを思い出させる映像が付いていて、音楽劇として独特の世界を作っている。

 細かい芝居が光る日常パートから、突然魚に乗って空を飛んだり、はまじがおばさんになって踊りだしたりと、独特の飛躍を見せる音楽パート。さくらももこが『ファンタジア』のような映画を作りたくてこういうつくりになっているらしいが、立体感のない絵なので絵本の挿絵が動いているような感じがあり、それはそれで面白かった。自分でも描きたくなるような感じ。

 しかし、おねえさんが「彼氏と結婚して北海道で酪農」と「東京で絵描きとして大成したい」を天秤にかけて前者を選ぶので複雑な気持ちになった。絵は北海道でも描けるというのはそうだけど……。

 そのほかにも、おねえさんは親との折り合いが悪そうだったのに、結婚でそれが雲散霧消したように見えるのが納得いかなかった。

 ちびまる子はさくらももこの思い出を素材に作ったフィクションだから、当時の彼女の実感を裏切らないように描いているのだろう。その実感を否定するのはちょっと違うと自覚してはいるのだけど、「そこ描かないのか!」という驚きはあった。

 

 

 

 

 なんとなく昔書いたブログを読み返していたら、アイドルについて書いた一部の文章の中に、自分のナイーブな部分が無自覚に垂れ流されていて驚いた。

 これをアップして、ツイートして、しかも読んでくれた人とご飯食べに行ったりしてたの? マジですか??

 9年以上見ているから、アイドルに関する記述も結構な量になっている。全体からするとそういう文章はほんの少しだし、第3者から見れば大したことを書いてないのかもしれないけど、自分からすると大衝撃だった。

 心の中の柔らかい部分を無防備に手渡していて、今の自分には絶対できない。現場に知り合いも増えたし、もう、書く際に自分の属性ー年齢・性別・社会的立場などなどを考えてしまう。これはつまり「いい年してこんなこと」と思って書くのをやめているということで、理屈ではそんなのダサいと思うけど、ちゃんとした大人になれていない引け目があるとセーブしちゃうよな……。

 しかし、この「知り合いが増えたから書けない」「自分の属性を勘案して書けない」というのは、要するに人目を気にしているということだ。

 言うまでもないくらいの話だけど、人目を気にして書けないことを増やすのは、文章に対して誠実ではない。しかし、「自分の情報を持っている人ならどう思うだろうか」というのを、気にしないでいるのは難しい。

 改めて、積極的に表に出たり、自分のことを語ったりするのはやめておこうと思った(仕事や付き合いでお願いされたらやるけど、自主的にキャラを出すことはしないくらいのニュアンス)。「人前に出ても文章を変えなくてもいいくらい自分をしっかり持て」というのももっともだけど、たぶんそんなに強くできていない。

 それにしても、どうしてアイドルについて書いたほんの一部の文章に、私の内面が垂れ流されているのか。

 ほかの文章、たとえばマンガや映画、ストリップについて書いた文章からは、私の「考え方」や「ものの見方」を知ることはできるけど、内面を知ることはたぶんできない。

 本当に、なんで???

堀内誠一 絵の世界(神奈川近代文学館)

f:id:hontuma4262:20221007185210j:image

 終了直前に駆け込みで回った。近代文学館は会場が暗いので、正直絵を見るのにいい会場ではないのだけど、それなりに楽しませてもらった。

 蛍光色の使い方が印象的。『たろうのおでかけ』『ロボット・カミイ』など、幼年向け作品でのピンクの存在感はちょっとほかにない。『ぐるんぱのようちえん』でのぐるんぱのほっぺも。

 

 

 

 

 また、『いかだはぴしゃぴしゃ』における黄色と青の線をちらして川を描く大胆な手法に驚いた。

 

 

 個人的に印象的だったのは小さい頃に親しんだ『マザーグースの絵本』や『秘密の花園』の挿絵。

 『秘密の花園』は造園の話なので、もしゃもしゃした荒れた庭の描写が物語の説得力を嵩上げしていた。

 

 マザーグースは気味の悪い歌も多いが、青をうまく使ってうまいこと美しく不気味な絵を描いてくれた。

 

 

 解説は可もなく不可もなく。正直ちょっと物足りなく、もう少し補助線を引いてほしかった。ここの展示はだいたいちょっと物足りないけど、今回は絵が主題ということもあり、余計に遠慮がちだった気がする。

 

カルチュラル・タイフーン2022

f:id:hontuma4262:20220929210240j:image
f:id:hontuma4262:20220929210326j:image
f:id:hontuma4262:20220929210322j:image
f:id:hontuma4262:20220929210252j:image

f:id:hontuma4262:20220929210300j:image
f:id:hontuma4262:20220929210303j:image
f:id:hontuma4262:20220929210311j:image
f:id:hontuma4262:20220929210307j:image
f:id:hontuma4262:20220929210318j:image
f:id:hontuma4262:20220929210334j:image
f:id:hontuma4262:20220929210256j:image
f:id:hontuma4262:20220929210244j:image
f:id:hontuma4262:20220929210248j:image

 カルチュラル・タイフーン2022へ。

 成城駅は駅前にゴディバ日能研がある金持ちの街だった。舗道もきれい。住むのにいくらかかるんだろうか……。

 基調講演の「集団的創造力がもたらすもの:版画運動からみるもうひとつの政治」を聞いていたら、この間行ったばかりのイレギュラーリズムアサイラムの店主がいて気持ちが弾んだ。「自分自身の体重を乗せて刷る」という体験について話している人がいて、授業での体験を懐かしく思い出した。

 お世話になっている中村香住さんと上岡磨奈さんの発表を聞きにいくが、英語だったのでほとんどわからなかった。

 バイセクシャルレズビアン研究とフェミニズムがとてもおもしろかった。

 桐かおるを通して70年代のレズビアン表彰を語り直す菅野優香の発表と、レズビアンの写真家・清岡純子について語る赤枝香奈子の発表はどちらも見えなくなっていたレズビアンの人たちの姿を想像させてくれるものだった。早く論文の形で読みたい!

 論文で『イルミナ』を取り上げてくれた泉沙織さんの発表を聞く。

 戦後すぐのストリップ劇場の姿を丁寧に資料を掘り起こすことで可視化させる試みがとてもスリリングだった。客の目線を掘り下げる内容だったのだけど、今と通ずる部分も多々あって驚き。女性からのファンレターをもらった踊り子もいたとか。

 出版社の物販や上映・展示が行われている地下の食堂のところに参加型ステッカーウォールアートがあった。

 主張したいことを付箋で貼ってくれというので、「できない連帯はしない」と書いた。


f:id:hontuma4262:20220929210314j:image

 2日目。

 中国の飯圏ガールズの話、男性が男性アイドルに見出す「非男性性」、BLマンガにおける男性身体へのまなざしについてなどが面白かった。

 地下に戻ったら、なぜかストリートカルチャーに関する座談会が始まっていて、これが大変面白かった。ダンスが学校教育に取り込まれるとはどういうことか? 教室で習うダンスはストリートなのか? ストリートの中にヒップホップがある、ストリートは枠ではなく、ゆるくつながったヒモのようなもの。都市で生まれたカルチャーをすべてストリートというと、アーバン・カルチャーになってしまう。ストリートにとっては何に対抗するかが大事などなど。論点を思い出すだけで興奮する内容だった。

 最後のフェミニストカルチュラル・スタディーズとポストフェミニズムの破断点が大充実の内容。もっと本を読まなくてはとしみじみ思った。

 最後にエモめの主催者あいさつがあり、この学会が異色の存在であることを初めて知った。

 

f:id:hontuma4262:20220929210330j:image

 写真はレスが付いていて、思わず喜んでしまったウォールステッカー。

 

 

文フリ、コミケ、おもしろ同人誌バザール

f:id:hontuma4262:20220927094633j:image

 イルミナでのサークル参加の記録。

 

 文学フリマは久々規制の緩くなった中での開催ということで大変混んでいましたた。ストリップ界隈は黒井ひとみさん、六花ましろさんという人気踊り子2名が出店していることもあり、息つく暇もなく接客していた感じ。たまに「ストリップは観たことないんですが、既刊買って面白かったので」という人が来てくださってありがたかったです。ただ、そのぶん通りすがりの人と雑談する余裕はなくなってしまったかな。買い物もだいぶバタバタしてしまいました。下の写真は帰りにKさん、大阪のスト客Aさんと行ったひつじやの料理。


f:id:hontuma4262:20220927094554j:image
f:id:hontuma4262:20220927094607j:image
f:id:hontuma4262:20220927094558j:image
f:id:hontuma4262:20220927094637j:image
f:id:hontuma4262:20220927094602j:image
f:id:hontuma4262:20220927094624j:image
f:id:hontuma4262:20220927094549j:image
f:id:hontuma4262:20220927094620j:image

 コミケC100。

 ちょこちょこ間をあけつつ、20年以上前から通っているものとしてはいろいろカルチャーショックでした。

 C100はC99から引き続き、事前チケット購入制を取っており、抽選を踏まえたチケット購入者のみが来場できる仕組みを取っていました。

 チケット代は時間ごと値段が変動し、アーリー入場チケット(5000円)、午前入場チケット(2000円)、コスプレ入場チケット(3500円)、午後入場チケット(1000円)という価格。

 アーリー入場チケットは10時半から、午前入場チケットは11時から、午後入場チケットは12時半からの入場となっていました。

 この仕組みのせいなのかどうか、午前の早い時間にブースを回っていたのはちょっと小金を持っているおじさんばっかり。若者世代が来るのは午後の遅い時間からとなっていて、コミケに対して漠然と持っていた「誰もが自由に出入りでき、それぞれが参加者となる広場のような空間」というイメージが崩れました。

 私たちは評論ブースでの参加でしたから、同日のほか人気コンテンツと比べるとだいぶ見える風景が違っただろうと思いますが、それでもあまりに金銭による優越が可視化されていて驚かざるを得ませんでした。

 それにしても、早い時間に見かけたおじさんたちの多くがチェックのシャツを着ていて「オタクがチェックを着るって本当なんだな……」と思わず感心。

 ほかに衝撃的だったのが、マンガ・アニメなどの女性向け二次創作の減少。

 これは友人に送ってもらったカタログの一部ですが、ちょっとショッキングなくらいの減少ぶり。f:id:hontuma4262:20220927122354j:image
f:id:hontuma4262:20220927122350j:image

 しかし、サークル参加費が1万円ほどになることを考えると、これも致し方ないんでしょうか……? コミックシティは参加費7000円くらいだったし、WEBイベントのプラットフォームを配信しているpictsquareでは550円からサークル参加できます。もう、コミケにこだわる必要のある人はコミケにいい思い出のある人だけなのかもしれない。

 私が最後に二次創作目当てでコミケに行ったのが2011年冬だけど、その頃はまだいわゆる女性向けと呼ばれるジャンルは活況を呈していたはず。それから2018年夏に評論系のブースだけを回ったのが、一般参加者としては最後の参加。この変化がコロナの影響なのか、それともじわじわと生じていた変化なのか、見極められるほどの知見はありません。いずれにせよ、一度これだけ変わってしまうと、これから先はもう私の知っていたコミケではなくなっていくのだろうなと思いました。

 ブースの方は台風接近のため早めに帰宅する人が多かったことや、基本マンガではないこともあり、低調。

 ただ、意外な人が訪れてくれたり、お隣のスペースの井上綾子さんから少しお話を聞けたり、印象に残ることが多かったです。井上さんは現役AV女優さんで、「40歳過ぎてAV女優デビュー!」というテーマで業界のことをマンガにされているのですが、同人誌はどれもとても面白かった。訪れる井上さんファンの顔ぶれもさまざまで、多才で気配りのできる方には多方面からファンがつくのだなと思いながら眺めていました。

井上さんの本の通販ページ

 ほか、政治家ブースがいくつか出ていたので眺めに行ったり、場合によってはイルミナの名刺を渡したりしました。赤松健グータッチ会を開いていて、「これが支持者とのふれあい…!」と思ったり。いくつかの政治家・政治系サークルが「表現の自由」関連として壁にまとめられていたのですが、むしろ島の方にヤバい本が多かったことを後で知り、惜しい気持ちに。

 それにしても、いくら水を飲んでもトイレに行きたいと思わなかったのがすごかった。利尿作用のある物を飲まずに、体を動かしているとそんなものなのかな?

 写真は乳首NGということで無理やりポップを貼ったポスターです。


f:id:hontuma4262:20220927094611j:image
f:id:hontuma4262:20220927094628j:image
f:id:hontuma4262:20220927094642j:image
f:id:hontuma4262:20220927094616j:image

 翌日はおもしろ同人誌バザール。コミケや文フリと比べると圧倒的にアバウトな運営で、ある意味感心してしまいました。産直野菜を売るのと同じような発想なのかな。

 駅前のコンコースを会場としているので、通りすがりの人が訪れてくれるのが面白かった。自分たちのブースは題材的に気軽に手に取れる感じではなかったと思うが、隣の三国志ブースでは、駅を利用するために偶然訪れた人が購入する風景も見られて、ほっこり。

 コミケや文フリより気軽に訪れやすいため、スト客さんが何人も来てくれてありがたかったです。暑さもそれほどでもなく助かりました。

 あとは、キャバレーの本がほか2日よりよく売れたかな。写真が美しいから通りすがりに買うのにいいのかも。

 同人誌販売は大変ですが、いろいろな人と出会えて面白いですね。