ホンのつまみぐい

誤字脱字・事実誤認など遠慮なくご指摘ください。

井上雄彦が「同人誌嫌い」っていう話どっから出てきたんでしょうか

 「井上雄彦が同人誌嫌い」という話を最初に読んだのは、たぶん羽海野チカのコメントとしてだったと思います。羽海野は『SLAMDUNK』同人誌の大手サークル主で、その特徴的な名前とかわいらしい絵柄は、さほど『SLAMDUNK』同人誌を読んでいなかった私にも見覚えがありました。

 2003年くらいかなあ。羽海野がネットのインタビューか何かで、「原作を書いていた先生は同人誌をよく思っていないそうなので、一生自分の同人誌のことは表に出したくない」という主旨のことを話していたような……。

 そして、それを読んだ当時の私は「ちっ、井上雄彦。心が狭いな…」と思ってました。「読んだ方が起こってることをどう解釈しようと勝手じゃないか」と思ったし、「男性作家>女性読者」というヒエラルキーが生じてるのは明らかだったので。

 「やおいを描いている我々は偽物の読者」みたいな意識を羽海野の発言からも感じて、なんだか腹が立ってしまいました。

 女性の性欲は隠すべきものとされ、男性の性欲は産業として社会にあふれているという不均衡にいらだちを覚えたのだと思います。

 その後、よしながふみがインタビューで「SLAMDUNKは赤木×小暮ですよね」なんてあっけらかんと話していて、スッとした記憶があります。ちなみに本編は赤暮と言いつつ、よしながが描いていたのは三井×小暮でした。

 あれからだいぶ経ち、男女の不均衡は見逃せないものの、「まあ、自分のキャラクターでエロマンガが描かれたら驚くよな」と、少し考えも軟化し、それでは当時の井上は具体的にどういう発言をしていたのだろうと改めて確認したくなりました。しかし、ググってみても当時それなりに話題になった記憶のあるその話が、インターネット上に見つからない。

 ほぼほぼ都市伝説みたいな言葉はいろいろ並んではいるものの、どうも井上の言葉という確証が取れない。

 ただ、「羽海野チカがそういう話をしていたのをWEBで見た」記憶は確かにあり、内容のすべてが記憶違いとも思えないのですが……。

 今改めて、どんなニュアンスで話していたのかを正確に知りたいと思っています。情報求めていますので、ご存じの方はコメント欄かhontuma.ikechi@gmail.comまでご連絡いただければ幸いです。

 ここからは余談ですが、『SLAMDUNK』は活動人数が多かったこともあり、その後プロの作家になった人が多い印象があります。誰だったか、実際に同人活動をしていた作家が「『SLAMDUNK』は演出や物語がしっかりしていたから、それを読んで同人誌を作っていた人たちもマンガがうまくなっていった」と話していた記憶があります。

 もっとも有名なのは先に挙げた羽海野チカよしながふみでしょうが、広く名を知られる機会のないBL作家まで広げたら数限りない。mixiにこんなコミュニティもありました。

mixi.jp 私は『SLAMDUNK』に関してはまったくやおい目線で見ていなかったので、同人誌もほとんど持っていなかったのですが、商業出版された以下2冊は面白かったので、今でも取ってあります。

 赤木×三井の同人誌の再録。なぜ復刊ドットコムから……? 演出がインディーズの青春映画の趣で、ほぼオリジナルBL。まあ、同人誌なんてみんなそうだと言えばそうなんですが、原作から足し引きした作画の生々しさが独特の迫力を生んでいました。

 このあと語シスコさんの商業BLも何冊か買いましたが、同人誌ほどコマをぜいたくに使えないからか、この本で思う存分発揮されていたクローズアップの演出や独特の表情の魅せ方が味わえなくてあんまり楽しめなかった記憶。

 いわゆる同人誌アンソロジー。同人誌を描いている作家に声をかけて、短い話を集めて販売するという、今思うとだいぶちょろい商売ですね。掲載料とかどうなってたんだろう。

 軽いラブコメ調の話がたくさん載っている本で、基本的にはやおい的な見方をしていないと楽しめないと思うのですが、ここに載っている架月弥の描いた話がとてもよくて、この話のためにとってあります。

 赤木、小暮、三井それぞれの、最後の夏に向けての後悔や葛藤を描く青春小説調の短編で、透明感のある画面とざっくりした線、チャーミングな会話の妙が光っていました。

 羽海野チカも表紙イラスト、1Pギャグ何本かで参加しています。