ホンのつまみぐい

誤字脱字・事実誤認遠慮なくご指摘ください。

心の深いところを掘り下げて書いてほしかった「男の星座」(梶原一騎/原田久仁信)

 今さら読みました。梶原一騎の自伝的コミック「男の星座」。講談社文庫以外では手に入れづらかった梶原作品ですが、電子化が進んでだいぶ読みやすくなりましたね。

 自伝と銘打たれてはいるものの、格闘技界のスターとの思い出話が多く、梶原一騎の人となりを知りたいこちらとしてはやや物足りなさが。

 しかし、メインの読者の方がしびれるのは「力道山の気まぐれな人柄」とか「大山倍達のよき道場主っぷり」なんだろうと思うと、致し方ないことなのか……。それにしても、芸能界のヤクザとの付き合いをこんなにあからさまに「真実」として書いてるマンガそうそうないのでは。いや、まあ真実なんですが。

 当時で言うところのオカマの屋台引きジャニーさんと、極真の門下生・春山章との友情と悲しい結末など、明らかにフィクションだろう箇所もけっこうあって、「こっ、これは自伝のはずでは?」という驚きも。

 梶原一騎にはストリッパーと同棲していた時期があり、これは実際にあったこととされているのですが、作中ではそれが浅草ロック座の大スターになってたりする。マンガ的誇張に躊躇がない。あと、梶原一騎こと梶一太青年、ケンカ強すぎ&モテすぎでは??

 しかし、気になって調べてみると、実在の格闘家のエピソードが梶原一騎の創作と何ら変わらないトンデモ感だったりするのですげー時代ですわ。大山倍達が牛と戦う様子を映画やテレビでやってたっていうこと自体が今となってはナシですね。牛が殺されるところ見たくないし、そもそも大山が無残に殺されるリスクだってあったのに……。

 とはいえ、星飛雄馬のあの思いつめやすい考え方が梶原本人の資質だったことがうかがえたり、父親に対する憧れと思慕がストレートに表現されていたりと、興味深い部分も多々あります。ストリッパーに対するストーカー丸出しの執着もインパクト大だけど、もっとも驚いたのは、インテリ文芸編集者だったお父さんに仕事を応援してもらってめっちゃはしゃぐ梶一太。父親への屈託は評伝なんかでも必ず指摘されているので、勝手にもっと距離のあるつきあいをしてたのかと思ってました。お父さんが亡くなってからは家族のために仕事がんばってて先生かっこいい。

 私には星一徹の存在ってずっと謎だったんですが、極めて抽象化しているとはいえ、本気で一徹を「よい父」と思って書いてたんですね……。

 そうなると、「巨人の星」は父の承認から逃れられない悲しい青年が、体を壊して戦いの場から降りることでやっと父親から開放されることが出来たという話で間違いないのか……。星くん、父殺せてないもんなー。それなのに、結局若干事実関係の違う世界線で、やることなくて野球やり直しちゃうって本当にひどい話だ……。(「巨人の星」では最後の試合の勝敗は不明だけど、「新・巨人の星」では飛雄馬が勝ったことになっている)

 このへんは好みの問題なんだけど、読み応えがあるのはストーカーのくだりやジャニーさんと春山のくだりなんですよね。生きることや、人間の生々しい真実が描けているのは圧倒的にこの手のエピソードで、格闘家たちのくだりほど人物がカキワリっぽい。アンバランスな様相は、フィクションとノンフィクションの境界、そしてマンガ表現のあり方を考える上で面白くもあります。

 そして、最大の衝撃は終わり方。講談社の編集者が訪ねてきたところで、著者急逝により終幕。ああ、みんな梶一太がどうやって「巨人の星」や「あしたのジョー」を生み出したのか。そして、どうして漫画原作者の地位を捨てるような蛮行を行ってしまったのか。そこからどうやって人として快復していったのかが読みたかったと思うんですよお……! でも、一貫して梶一太を好漢として書き、格闘家との交流を山場にする全体のトーンを見るに、作品を通して心の深いところまでを掘り下げることはなかったかもしれないですね。

 終わらせることが出来なかった本人が一番無念だったと思いますが、梶原一騎が自分自身の過去とどう向き合うか、見たかったな。

 (私は割り切って読めたけど、女性の描き方とかかなり難があるので、そういうの辛くなってしまう人には勧めません。)

男の星座1

男の星座1

 
男の星座2

男の星座2

 
男の星座3

男の星座3

 
男の星座4

男の星座4

 
男の星座5

男の星座5

 
男の星座6

男の星座6

 
男の星座7

男の星座7

 
男の星座8

男の星座8

 
男の星座9

男の星座9

 

 

梶原一騎伝 夕やけを見ていた男 (文春文庫)

梶原一騎伝 夕やけを見ていた男 (文春文庫)

 
弔花を編む 歿後三十年、梶原一騎の周辺

弔花を編む 歿後三十年、梶原一騎の周辺