ホンのつまみぐい

各エントリに貼ってある写真は本文と関係ないこともあります。

演劇集団「俄」サイバーパンク歌舞伎Vol.2「ヒカ」

f:id:hontuma4262:20190315174704j:image

 サイファーで知り合った和合大地くん作・演出の芝居を観てきた。

 サイバーパンク歌舞伎と銘打った四谷怪談モチーフの終末SF「ヒカ」。物語は、荒廃した地球で作られたヒューマノイド・ヒカと、彼女が持つ「街を作り出す能力」を利用しようとたくらむ青年・伊右衛門を中心に進む。

 時系列が前後する構成や、リズミカルな殺陣にセリフ。シンプルだけど世界観をきっちり表現している衣装や舞台美術など、とても洗練されていて、それなのに前のめりな力強さがあって見ごたえ十分だった。

 登場人物全員が復讐者という陰惨な内容だし、伊右衛門のゲスっぷりは相当なものなのだけど、演出が達者なのできちんと観ていられる。

 1年だけ高校演劇をやっていたから、大学生でこれだけのものが作れる若者たちにはただただ敬意しかなかった。自分の所属していた部は2年目に人が集まらずに廃部になったけど、それには私の力不足もあったと思う。

 終盤に「火の鳥・望郷編」のようにヒューマノイド・ヒカが自分自身の生について問う場面があるのだけど、彼女は作中で子どもを産んでいるのに、それが自問に影響を及ぼしていないところは強く気になった。もったいないと思う。

 ともかく、キャパ120席ほどの箱が3日間5公演ほぼ完売というのが理解できる内容だった。

f:id:hontuma4262:20190315174709j:image

 ところで、8日後は3月11日で、東日本大震災の8年目だった。和合くんは福島出身で、8年前は小学生か中学生だったはずだ。

 不十分な復興の現状や、まだまだ歳相当と思えない自分自身を振り返ると、8年目の実感はまったくなかったのだけど、あの時少年だった彼がこうやって一つの芝居を作り上げているところを見ると、たしかに、どうあろうと8年は経ったのだと思った。