ホンのつまみぐい

誤字脱字・事実誤認遠慮なくご指摘ください。

一ミクロンの背伸びも無いO'CHAWANZ「EPISODE V」は、等身大であることの健やかさに満ちたガールズラップの名盤

 ちょっと前の話ですが、O'CHAWANZ・彼女のサーブ&レシーブ合同リリースイベント「ゴルフ vs テニス」@dues新宿行ってました。O'CHAWANZ、彼女のサーブ&レシーブ、WEST SIDE PRINT CLUBのライブに長めのMC。すごくゆるかった……。

f:id:hontuma4262:20181021015449j:image

 ゆるすぎて合間のMCとか全部忘れましたが、元963のやーぷんことせるふちゃいなしすてむのWEST SIDE PRINT CLUB衣裳がかわいくてよかったです。あと、じゅしょあんぬちゃんがMCうまかった。聡明。メンバーみんなと握手できて、南波一海さんの解説が入った冊子(1500円は高い)買えてよかったです。

 O'CHAWANZ、彼女のサーブ&レシーブのどちらも「売れたい!」とか、「この曲を届けたい!」ということに対する野心があんまり感じられなくて、それがゆえの気楽さがあります。そのせいか、お客さんの年齢も高くて慰労の場って感じでした。売れなくてボロボロになってくアイドルとかもう見るのつらいものね……。

 まあ、それはともかくO'CHAWANZのアルバム「EPISODE V」は名盤だと思っておりまして、今年のラップアイドルのCDで一番好きかもしれません。

 メンバーが書いてる歌詞がいいんですよね。

GANG GANG GANG

GANG GANG GANG

GANG GANG GANG オトナにならない

いいとこ取りで生きていく今日も

少女のまま あの日のまま

MeNotHoldOnSheLies Pt.1

MeNotHoldOnSheLies Pt.1

  • O'CHAWANZ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

いやだ もーいやだー どうしてこうなっちゃうの

いやだ あーいやだー ちょっとした事ねぇきいて

そりゃね笑っちゃいけないわかってる

たのしくかわいくいきてたいの

うまくいくから笑っちゃお

だからくだらないなんていわないで

イヤダ

イヤダ

  • O'CHAWANZ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 こんなに等身大という言葉が似合うラップアイドル、本当に今までいないっすよ! 言葉がどれひとつ歌い手の存在を追い越していなくて、それが素朴なあたたかさに結びついている。

 なんでしょうね。「こういう感じで放課後に友達とおしゃべりしたことがあったな」と思わせるような曲、でしょうか。

 「ナレソメハfeat.M.A.T」なんかは美少女が眼鏡の少年を奪い合うという、80年代から続く少女マンガの典型みたいなストーリーで、死ぬほどたわいないけど、何だか机の中にしまっていた子供の頃のノートの中身みたいな懐かしさを感じてしまって、歌ってる子たちのことを好きになっちゃうんですよね。

 みんなが好きじゃなくてかまわないけれど、気心知れた友達に聴いてもらって、「いい」って言ってもらったらうれしいような。

 で、徹底してピコピコ軽めのファンクで押すのかと思ったら、GOLBY SOUNDの音は今風の音で。なのに乗ってるのはアニメ声って呼ばれがちな高めの声なんですよ。「ナレソメハfeat.M.A.T」とか、

これが↓

www.youtube.com

 これですよ↓

ナレソメハ (feat. MAT)

ナレソメハ (feat. MAT)

  • O'CHAWANZ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 で、これが↓

www.youtube.com

 これですから↓

イイタビユメキブン (Ver.1.3)

イイタビユメキブン (Ver.1.3)

  • O'CHAWANZ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 MeNotHoldOnSheLiesもラップの乗せ方が4者4様で聴き応えあるし、音楽としてちゃんとワクワクできる内容になってます。

 あと、ストリーミングとCDではskitの中身が違うのですが、ストリーミングに入ってるしゅがしゅららちゃんの「夏の話」がめちゃくちゃ好き。

夏の話 (skit)

夏の話 (skit)

  • O'CHAWANZ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

EPISODE V

EPISODE V