ホンのつまみぐい

いろんなもののファンをやっている人が、日々のよしなしごとを綴っています。

ステージ上の圧倒的自由を祝福するamiinA×TOKYO FM presents 『Arch Delta Tour』@新宿ReNY

f:id:hontuma4262:20170610144048j:image

 

19時着なのに新宿ReNYがパンパンで衝撃を受ける。VJの準備のためか、両脇と最後尾は入れないようにしてあったけど、それでも400人以上は確実に集まっていた。

新宿ReNYは2015年12月のWonderTraveller!!!ぶり。あの日もアイドルイベントとしては豪華なメンツだったけど、休日なのに後方はゆとりがあった。今日は平日18時半スタートの3マンでパンパンというのは如実な進化と信頼を感じさせる。

私も、前日に少し予算外のお金が入ることが決まって、即チケット買ったからなあ。

sora tob sakana

以前も書いたようにポストロック×白いワンピース×洗練されたVJが印象的な、音楽オタクが子供にちょっとガチ目な曲をやらせる系のグループ。

前回は、「ああ、よくあるやつね」で見過ごしてしまったのだけど、今日はとにかく4人の女の子がキラキラしていて、それに目を奪われた。

こういうコンセプチュアルな曲に、若いを通り越して幼い女の子の組み合わせ。ありがちではあって、インタビューなんかで女の子のほうが「○○には全然興味ない」と言ったりするのも半ば定番化している。○○はヒップホップでもロックでもR&Bでもシティポップでも。

sora tob sakanaメンバーが自分たちの曲をどう評価しているのかはわからないけど、「この曲に合わせて歌って踊る私たちはかっこいいでしょ?」みたいな自信が感じられて、それはもうかわいさとかっこよさを合わせた明るい迫力があった。


ああ、女の子が誇らしげに歌って踊る姿は美しいな。キラキラしてる。完全に合唱コンクールの中継を見て唐突に涙しちゃう人間のメンタル。

前回は広告の街がVJと合わせて強烈に印象に残ったけど、今回は満遍なく楽しめた。VJもバラエティ豊かで、明朝体で歌詞をガンガン出してくる尖った演出の「広告の街」みたいなのもあれば、シンプルなイラストで描かれた街並みを投影した「みんなのうた」を思い出させるようなものもあって目が楽しい。

MCで「マジで?」みたいな言葉の使い方をするのも、無理してない感じでいい。会場に吊ってあるシャンデリアを見て、「わー!きれい」と叫ぶメンバーの声に応え、スタッフがシャンデリアの灯りをつけてあげて、気持ちがあたたかくなった。

 


サカナ日記27日目 「広告の街」ダンス映像


sora tob sakana - 夏の扉

 

cocoon ep

cocoon ep

 
sora tob sakana

sora tob sakana

 

 

 

The band apart

 

おそらくジャンルはロックなんだろうけど、ジャズっぽい軽快さもあって、歌詞はほぼ英語で、身体を揺らしながら見ているうちに、気持ちが明るく開いていく感じがとても楽しい。

 

MCで「アイドルのお客さんって暖かいよね」を連発してくれるボーカル&ギターの人にほっこり。

キャリアを感じさせる安定感のある音ではじまり、最後の方はどんどんステージの熱量が上がっていって、鋭く強くなっていくのがたまんなかった。途中のMCでsora tob sakanaたちのことを「みんながんばってたね。おじさんたちもがんばりますので」と言ってたけど、ずっとがんばってきて、今まだステージに立ってる人たちのかっこよさを感じる。

でも、一方で「私が好きなのはもう少し歪で正体のしれないものなんだよな」とも、ちらっと思ったり。

 


the band apart / ピルグリム【MV】


lute exclusive LIVE:□□□ × the band apart 「夜の向こうへ」

 

1

1

 

 
amiinA

VJは高速で回る時計でスタート。

 

客の様子もうかがわず、新曲を抱えていきなり飛び込んでくるところが潔い。新曲Valkyrieの振りは、二人で最後に宙にかざしたお互いの手を合わせる動作が美しい。


ワールドミュージックの要素も併せ持つamiinAの曲は、空に向かっていくような音と前のめりな振付が観ていてとても楽しい。清楚な白ワンピースの上にちょいワイルドなジャケットというのも旅というコンセプトを明確に感じさせる。

 

ステージで動き回るふたりの少女の、力強さと軽やかさのバランス。

ふたりの声が遠くへ伸びていく瞬間に感じる圧倒的な表現者としての自由さと、それを祝福するフロアの子供じみた幸福感。私たちは誰もあんな風に踊れないし、歌えないけど、その美しさに憧れることは出来るんだよね。どこかヨーロッパの民謡を思い出させる音は郷愁に加えて、ロックやジャズやテクノとはちょっと違った踊ることの楽しさを思い出させてくれる。

ミュージカルのようで、その音の激しさはロックでしかなくて、その透明感はアイドルで。

 

いつの間にかモッシュ曲やウォールオブデス曲、肩を組んで円陣を作って回る曲が出来ていて、おっさんたちの盛り上がりようがすごかった。

 

新曲はまだちゃんと聴けていなかったのだけど、Callin`のディズニーランドでかかっていそうな音の明るさが気持ちよかった。最後はコーレス曲Canvasからのキーメーカー。楽しかった!

 

ところで、この日は観るたびに泣いている印象のamiちゃんがお姉さんぶっていて、それがとても微笑ましかった。高校2年生、表情も透明感を保ったまま、大人びた鋭い顔になる場面がある。それと相反するように、時々ふっとこれまでの笑顔を崩し、感情を吐き出すような強い歌い方をするmiyuちゃん。そんなmiyuちゃんを優しく見つめるamiちゃん。ああ、いい感じに仲良くなってるなあ。

 

最近はアイドルを色んな人に観てもらいたいという気持ちが薄くなっていて、薦めるにしても音楽に興味のない人に関心を持ってもらうのは難しいだろうと諦めていたのだけど、amiinAはたとえば、彼女たちより少し小さい小学生や中学生の子供に観てもらいたいし、その親に観てほしいとも思う。

 

こんなにかっこよくて、可愛くて、自由な女の子たちがいるんだよ。音楽って、ダンスってとても楽しいものなんだよ。

 

3回連続3マン。次回公演の相手はまだ知らされていないけど、きっと最高に決まっている。

 

f:id:hontuma4262:20170610144105j:image

今回も美しい会場装飾!……と、プレイヤーがないから買わなかったけど、可愛い飛び出す絵本タイプのレコード!

f:id:hontuma4262:20170610144304j:image

f:id:hontuma4262:20170610144312j:image

f:id:hontuma4262:20170610144326j:image

www.youtube.com

www.youtube.com

 

Valkyrie

Valkyrie

 
Avalon

Avalon