ホンのつまみぐい

いろんなもののファンをやっている人が、日々のよしなしごとを綴っています。

戦極ダブルヘッダー(戦極女帝杯のみ)へ、MAZAIRECORDS(ワッショイサンバ、無能、MANOY)メンバーの応援に行ってきました

女性のみエントリー可能な戦極女帝杯と超戦極U-22 選抜16人第三次予選のダブルヘッダー戦極ダブルヘッダ-」

箱は洞窟感のある渋谷family。チケットは100人限定ということでしたが、100だとパンパンの箱ですね。出足遅れて15時半のライブにはなんとか間に合う時間に会場着。

ライブ一人目は大阪のまゆちゃむ

お菓子作り好きらしく、途中でクッキー配ったりしていて、キャラクターで客を巻きこむ様子がいい意味で地下アイドル感がある。あ、ヒップホップの人、けっこうアイドルdisるけど、私的にはアイドルっぽいはリスペクトです。アイドルよりいいライブしてから言えよ、ラッパー! ただ、その分曲よりキャラが印象に残ってしまうもったいなさも。このへんはバランス難しそう。

common girls by まゆちゃむ。 | ちゃむ。 まゆ | Free Listening on SoundCloud


Airis(ayakeru&詩奏)
バトルにも参加するayakeruさんの男女二人組ユニット。ふたりともいい声でいい歌なのでそれだけで強い。やっぱり楽器として強い人は目立つなあ。
「27歳でけっこう年齢いってるんですけど、2年くらい前に初めてラップやって。やってみたいならやってみたらいいと思います」というayakeruさんのMCから、詩奏さんの「楽しいことやっていきたいと言うふたりが作ったタイムカプセルという曲をやりたいと思います」。いいライブでした。

タイムカプセル / Airis (ayakeru×詩奏) by 詩奏(4tsunoha , Airis) | Free Listening on SoundCloud

 

LesPass

男の子3人組。実はタイダルトガリネズミで見てるのだけど、改めて見るとお互いを引き立てあうチームワークがすばらしい、とても誠実なライブ。「俺らのこと見た目だけでアイドルとか言うやついるけど、俺はバトルであれこれ言ってるやつよりよっぽどヒップホップだと思ってるんで」というMCから、NilNicoの保育士兼ラッパーとしての日常を歌う曲。

www.youtube.com

 

ライブ終わってMC正社員さんのあいさつ。

「ライブも三者三様で、すごいよかったと思います。みんなCDも買ってかえってください。それがみんなの活力になります」

「日本のヒップホップは女性が少なかった!男女率が半々になれば、もっともっと盛り上がると思います。
最初の頃の戦国MCバトルはお客さんゼロでした。その時のお客さんは伝説を見てると思うんです。今日のお客さんは伝説のメンバーだと思うんで、お客さんもバッチリ反応してください」

一回戦、MAZAIRECORDSからはMANOY、ワッショイサンバ、無能が参加。以後、印象に残った場面を。

ayakeru vs MANOY

MANOYさん「私の先祖は城主だったらしい だから上に立つ人間」という攻めから、後攻ayakeruの「どこが女帝?華がない」にうまく返せず敗退。MANOYさん、音源では言葉にとても凝る人なんだけど、即興で罵倒みたいなのは強くないんですよね。でも、それをわかってて出ているのは何か覚悟があってのことだと思うのでがんばってほしい。

Yasco vs MCビキニ

ふたりともほぼキャラが出来あがってるから、ストーリーが作りやすい。
Yascoさんの「20代で80万30代で14万。これ何かわかる?風俗嬢の月収」面白かったけれど、「私だってやってるよ確定申告 個人事業主」などなどで返してMCビキニの勝ち。

www.youtube.com

まゆちゃむ vs えるも

まゆちゃむの「ブスがブスにブス言うな〜〜」がインパクト大。そう、スキルと経験値が低いMCだと見た目と年齢のdisが増える。飄々とうまく返したまゆちゃむの勝ち。

ワッショイサンバ vs 千
色物ラッパーというdisに、
「色ものいうけどカラフルな世界の方が楽しいな」
「お前の名前は千だったな じゃあ私は湯婆婆だ お前に千はもったいない」

という返し。最高にワッショイサンバらしい勝ち方で上がりました。フロアからも「これがワッショイサンバだよ」という声が出ていたのがすごかった。

AKANE vs 無能

無能ちゃんが「才能がないやつ」的な名前disに

「足りない才能は努力と勝利で補ってきたよ」
「AIZENみたいに立つ頂点に」で勝利。

1回戦終わって正社員さんの言葉。

「シンデレラMCバトルに関してはみんなにどう見られてるのかが不安です。でも、俺はほんとにバトルやヒップホップを盛り上げていきたいと思ってて」

「女性が少ないのは日本だけだから!やってたらすごいかっこいい人が出てくるかもしれないじゃん!」

いいこと言う!しかし、それはそれとしてプラチナムはちょっとな……!

ぴのこ
バトル1回戦勝利を収めてぴのこさんのブルージーなライブ。DJやトラックメーカーの名前を丁寧に紹介する姿に実直そうなキャラクターが出てる。ただ、被せが大きすぎる曲があるのがちょっともったいない……。

ぴのこ pinoko | Free Listening on SoundCloud

ASuKa a.k.a広崎式部
マザレコメンバーと話してたのであんまりちゃんと聞けなかったけど、若手のライブにありがちなある種の発表会っぽさがなくてちゃんと歌手。口の使い方も明らかに違う。服装も含めて急にジャズバーみたいな空気に。いやあ聴き応えありました。

sickboo▽広崎式部 | sickboo (I WANT FRESH mind!!!plz!!!) | Free Listening on SoundCloud

FUZIKO
高速ラップでスタート。ただただかっこいい。身体の使い方も運動神経よさそうで、生き物としての強さを感じるライブ。リリックの求道者的な内容と突き刺すような切れのいいラップがクール!
「究極の究極を収録したシナリオというアルバムがあります。3年前人間をやめたいときに作ったアルバムなので、人間やめたい人は買ってください」というお茶目なのかマジなのかわからないMCも魅力。

www.youtube.com

まゆちゃむ vs CESIA

まゆちゃむの「フィメールみんなに言っとくバトルは意気込み大会じゃねえんだよ」が痛快。そうそう、スキルのない子ほど「マイク持ってヒップホップをやってる」「何々乗り越えてここに立ってる」が多くて聞いてる方が飽きてしまう。

ワッショイサンバ vs 加藤真弓

サンバちゃん、勝ったと思ったけど延長に持ち込まれて敗退。終わった後の無表情な顔に悔しさが滲んでました。しかし、全体見てて思ったけど、ギャグラッパーとか色物ってdisとして通用するんだな……。私と芸能に対する世界観が違うな。

無能 vs Roary Mai

「お前は女子会にいれてあげない 場の空気乱しそう」というバースに「女子会でぐちぐちやりたいなら帰りな これはラップの場」で、無能ちゃん勝利。しかし、Roary Maiさん、なぜあんなヒップホップ的に返しやすいdisをしたのか謎です。

ベスト8から8小節3本に。

しあ vs 無能
無能ちゃんの高速ビートアプローチからスタート。しかし相手もビートに乗った高速ラップで返す。おそらく動画があがると思うので詳細省きますが、アンサーの返し方も含めて聞き応えのある内容でした。
終わった後に、「いやあ、ほんと全然心配いらないですね(スキル面で)」と正社員さんが言ったのもよくわかる。無能ちゃんが負けてしまって残念でしたが、バトル中に「楽しい」という言葉が出るのもよくわかる良い試合でした。
カクニケンスケさんが敗因分析してて、それも面白かったけど、秘宝の虎の巻っぽいので省略。

決勝はまゆちゃむ vs みなみ

勝ち上がる中で自信をつけ、場の空気を味方につけたまゆちゃむ圧勝。みなみさんもやるごとに巧くなってる感じでよかった。

その後は超戦極U-22 選抜でしたが、作業残ってるので帰宅。お客さん3割くらい女の子で、北は秋田、南は福岡からラッパーが集まって、クオリティ的にはまだまだ伝説という感じではないけれど、過程のひとつとしては意味があるイベントだと思いました。

サンバちゃん、MANOYさん、無能ちゃん、お疲れ様でした!

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com