ホンのつまみぐい

いろんなもののファンをやっている人が、日々のよしなしごとを綴っています。

校庭カメラガールツヴァイ らら&れめる生誕祭@新宿MARZ 6月11日

だいぶ古いので記憶もあいまいなのですが、行った現場は残すのが一応のポリシーということで。

ざくっと感想。

校庭カメラギャル

ビア・ファローちゃん離脱前夜と言ってもいいのかな。彼女、頑張ってたようなので残念。お披露目以来に見たのですが、ソリッドになっていてカッコよかった。最初にらら&めるへの自家製おめでとうラップを披露していました。

www.youtube.com

 

ねうちゃん
「旧じゅじゅのおとなしい方」という印象のねうちゃんのソロ。

ドレッシーな白ワンピの衣装から繰り出されるのはふた昔前のアニソン感のあるポップス。けっこういい曲だったし、本人にもあっていたと思うのでもっと自信を持ってほしいな。

 

colobas

コウテカのプロデュースチーム、ALYT-の中の人が参加しているバンド。

ギターボーカルがhumanさん。
キーボードがdiscoveryさん。

わりとストレートな歌詞の文系ポップスで、夜にゆっくり本を読みながら聴くのが似合いそうなサウンド。後で調べたところ、Where the Wild Things、Unchanging end Roll、iuM、Lost in Sequenceの作者なのだとか。なるほど、わかる音。途中でvivid jasさんがお誕生日おめでとうフリースタイルを披露。上手かった。

www.youtube.com

 

ヒロネちゃん

戸川純谷山浩子を思い出させる文化系女子の系譜。

「浴槽の中で泣いてたキミを思いながら息を止めていたんだ」

「ああプラネット、お前は寂しくはないのかい」

など、どこかもの寂しげな歌詞。

「私よくメンヘラって言われるんですよ。メンヘラ、はやってるでしょ。流行の人なんですよ」とふわふわした声で毒のあるMC。

本人の呼吸と、紡ぎ出される音がきれいにあっている。黒いワンピにお経のように漢字がプリントされている衣裳もインパクトがありました。

www.youtube.com

 

栗原ゆう

でんぱ組.inc成瀬瑛美ちゃんに雰囲気が似ているソロアイドル。

飛んだり跳ねたり一種に手を振ったりコールしたりと、シンプルでプリミティブな楽しさにあふれたアイドルらしいライブ。

でも、しっかりしたパフォーマンスと支配力はお姉さんっぽさにあふれていて面白い。DJのおじさんがまるまるしていて、何となくコミカルな雰囲気が漂っていたのもよかった。

www.youtube.com


amiinA

amiinAはWonder Travelerに引き続きよかった。
ロックな音を身体全体を使って表現するのたまんなくかっこいい。音楽の持つ自由の力をきちんと思い出させてくれるアイドルのひとつ。

「コウテカという略称はオウテカから来ている」という話から、オウテカの意味を説明するという流れになり、よくわかってないmiyuちゃんが「王様のてっぺんガール」の意味というわけのわからない話をしていました。Her L Bo Sheコラボもありで華やか。

www.youtube.com

 

校庭カメラガールツヴァイ

生誕ということでコスプレ衣裳。

犬好きなののるるれめるちゃんのために犬メイド服を着るうぉーうぉーとぅーみーちゃんと犬パーカーを着るもるももるちゃん。れめるちゃんはふわふわガーリーな白ワンピ、しゅがしゅららちゃんはゴスロリワンピ。

正直なところ、前回のMARZでのライブが新メンバー2人を迎えての明るい内容だったので、同じ場所で2人が欠けたライブを観るのはちょっとつらい気持ちで。もるちゃんが途中のMCで「ずっとついてきてね」というようなことを涙声で話した時は感傷よりしんどさが上回ってしまいました。

運営しっかりして!アイドルやオタクはともかく、運営が病んでるのにはつきあえないよ!

ただ、この日は生誕準備をしたオタの人たちが半ばヤケクソ気味にサイリウム、風船、ケーキ、のぼりなどあれこれ投入していって、その勢いに押されるようにメンバーもアッパーなライブを繰り広げていき、何か謎の青春感がありました。

「うれしいぬ!やったねこ!」と叫ぶめるちゃんと、どの瞬間かは忘れてしまったけど、オタクの演出に感動して感極まった目をするららちゃんが印象に残っています。

f:id:hontuma4262:20160805001646j:image

ところで、前の週がヒップホップ現場だったため、あまりに「新しい音しかしない」ことに驚いてしまいました。ヒップホップ現場はけっこう古い音鳴ってて、それが退屈に感じさせる要因のひとつなのだけど、そういう意味での貧しさがないのはさすが。