ホンのつまみぐい

誤字脱字・事実誤認遠慮なくご指摘ください。

興味深いが首肯できない箇所も多い本「娼婦たちは見た イラク、ネパール、中国、韓国」(八木澤高明)

 ネパール、イラク、中国、韓国の娼婦たちに話を聞くルポルタージュ。「娼婦たちの見た戦場」という題の単行本の新書化。戦争や貧困にさらされ、結果的に娼婦という選択肢しか選べなかった女性を中心に取材している。


 イラクにおけるロマの娼婦。中国の戸籍なき女、黒孩子問題。韓国米軍基地村。ネパールの男娼・ヒジュラや幼児婚など、耳慣れない話が多い。しかし、どの取材地にも女性蔑視や貧困が存在し、娼婦たちがそれらの問題に苦しめられていることがよくわかる本だ。


 ネパールのデウキの話があまりにもひどい。デウキは10歳ごろにヒンドゥー教の寺院に捧げられ、生理が来ると村の有力者たちに犯され続け、父親のわからない子どもを生む。「寺院に捧げられる」というと聞こえはいいが、金に困った家族に売られるというのが実態だという。


 娼婦として役に立たなくなったデウキは何の支援も受けられないまま放置される。まるで中世の物語のようだ。しかし、本書には打ちひしがれ、乞食のような姿になった老デウキへの取材と写真も掲載されている。ずだ袋にくるまり、日に焼けた真っ黒な皮膚にやせこけた身体で、著者に金を乞う。小さな写真に納まる娼婦の姿は、これが近現代の出来事であるという事実を読者に突き付ける。


 ただ、本全体には首肯できない箇所も多い。娼婦という職業特有の問題と、貧困や社会制度がもたらす問題が混同されている箇所があること。色街や古い慣習へのオリエンタリズムを公言し、人権侵害から目をそらしている箇所があることなどだ。


 著者はデウキや幼児婚がどれだけ残酷なものかよく知っている。にもかかわらず、そうした風習を否定するNGOの職員に対し、「欧米第一主義の物差しで図っていいのだろうか」という疑問を呈す。


 著者の八木澤高明は長年にわたりネパールで生活し、結婚・離婚経験もある。そこでの経験から、欧米市場主義的な政治や思想が、社会や文化を壊していると感じていたのかもしれない。しかし、その文化の中で社会的弱者が踏みつぶされ、尊厳や生命を奪われていくようであれば、それは改めるべきである。正直ここは疑問を呈す水準のことでないように思った。


 また、アメリカに色街がないことを薄気味悪く感じる描写がある。性風俗を隠す心情に差別心があることは間違いなく、排除される娼婦を見てきた彼としては思うところがあるのかもしれない。しかし、アジアの色街を恋しく思うその様子に、ある種のオリエンタリズムはないのだろうか。


 もっとも問題なのは従軍慰安婦に関する章。問題の矮小化につながる事例を次々挙げていて、これまでの著作に敬意を表していたこちらとしては失望を隠せなかった。


 著者はクマリ(ネパールの処女神。少女のころから神としてまつられるが、初潮を迎えると還俗する)について、「そこから見えてくるのは、神とは結局男が女を支配するうえでの、男の化身にすぎないのではないかということである。それ故に、女には純潔さや清浄さが求められる」と書く。


 そうした構造を見抜く冷静さと、先に挙げた身勝手な解釈がいまいち一致しない。


 ただ、公娼制度が日韓併合により韓国に持ち込まれた話や、纏足の女性への取材など、性風俗や貧困に関する見識を広げてくれる情報があちこちに散らばっている本ではある。韓国の娼婦たちがストライキを行っている話も印象的だった。


 単行本時に存在したタイの章がまるまる削除されているのでそのうちチェックしたい。

 

 ところで、本書の感想に取材先で娼婦たちを買う著者の行動に対する批判がいくつかみられる。しかし、性風俗自体は仕事の一つなので、それそのものを否定する必要はないのではないか。搾取されている相手に対して、「買うことで搾取に加担するのではないか」という問いならわかるが……。

娼婦たちは見た イラク、ネパール、中国、韓国 (角川新書)

娼婦たちは見た イラク、ネパール、中国、韓国 (角川新書)

 
娼婦たちから見た戦場  イラク、ネパール、タイ、中国、韓国

娼婦たちから見た戦場 イラク、ネパール、タイ、中国、韓国

 

 

小学校低学年の女の子におすすめしたいラップミュージック

 友人がヒプノシスマイクの漫才師と教師のコンビにハマり、娘さんとラップを聴くようになってるそうで。娘さん、アニメ「映像研には手を出すな!」のOP曲「Easy Breezy」で歌ったり踊ったりしているとか。

www.youtube.com

www.youtube.com

Easy Breezy

Easy Breezy

  • アーティスト:chelmico
  • 出版社/メーカー: WM Japan
  • 発売日: 2020/01/17
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 「小さい子におすすめのラップあったら教えて」と言われたので、自分でリストアップしたりツイッターで募ったりしていたら3時間のプレイリストが出来ました。togetterと合わせてこっちに記録。

 サブスクにあるもののみで1アーティスト1曲。セクシャルなものなど、あえてプレイリストから抜いたものもあります。

music.apple.com

togetter.com

 chelmicoHALCALIDJみそしるとMCごはんが推薦多くてなるほどなるほど。

 おすすめの内容を見ていると「小さな女の子が気に入ってくれそうな曲」と「自分が小さな女の子に歌ってあげたい曲」と「小さな女の子に聴かせたい自分が好きな曲」が混ざっていて、幼い子への推薦の難しさは本でも曲でも変わらんなと。

 娘さんは今のところMANONがお気に入りだとか。

 プレイリスト作るのけっこうおもしろいですね。「DA・YO・NE」と「SO.RE.NA」と「とりま」と「イヤダ」並べたほうが面白いかなとか、「マルシェ」と「brand new day」並べてみたりとか。DJやる人の気持ちちょっとわかったかも。

 ↓は今回がきっかけで聴いたものの中で印象に残ったもの。

www.youtube.com

 スチャダラパーBoseRAM RIDERが制作。かわいくて高品質!

www.youtube.com

DELIさんのはアルバム自体がとてもよかった。

THE BIBLE 4 SURVIVAL

THE BIBLE 4 SURVIVAL

 

www.youtube.com

なんか韓国の人がかっこいいPVを作ってくれた。

www.youtube.com

歌詞もヤバいけどPVもヤバい。

Kamui主催「MUDOLLY EXTRA」

f:id:hontuma4262:20200115214843j:image

 トリで主催のkamui以外聴き込まないまま来たけど、若いラッパーのパフォーマンスは魂と肉体の姿にほぼズレがなくてすごい。

 ギラギラザラザラした声や叫び。時折ダイブしたり飛び跳ねたりする様子が暴力的で熱っぽくて、なんだか懐かしい気分になった。心理状態としては地下アイドルを見ている時と似通ったものがあるが……。

 誰が誰かがあまりわかってないまま観たのが少し申し訳ない。

 最後の方のkamuiの「おれがお前らの人生をサルベージする!」「お前の人生を歌え!」を聴いて何故か泣きそうに。

 ライブのkamuiはほぼ叫んでいて、正直歌詞はあまり聞き取れない。ただ、身体全体を絞り取って発するような叫びにずっと感情が乗っていて、その温かさに泣けるのだった。彼は声からなぜか面倒見の良さが伝わる。チャーミングな人だ。いつかブルーハーツのように広く聴かれる存在になってほしい。

 kamuiのライブの最後で、どんどんステージに入ってくるラッパーたちの姿の無骨なまぶしさに、何か力強いものを渡してもらった気持ちになった。また聴き直そう。

 そうそう、事前にプレイリストを公開してくれたのもとても助かった。

music.apple.com

f:id:hontuma4262:20200115222953j:image

Maison book girlワンマンライブ「Solitude HOTEL ∞F」という体験についての雑感

f:id:hontuma4262:20200115212251j:image

 私はブクガをサクライケンタの作った美しい水槽だと思っていた。


 きれいな水が張られ、中を可愛らしく演出した水槽は美しいし、光によって色を変える穏やかな華やかさがある。でも、それはあくまで箱の中の物語で、その世界を愛好する人たちが耽溺するのが一番だと。

 

 でも、この日のブクガが観せてくれたのは、愛好家に向けた美しい世界ではなく、もっと生々しく、しかし完成された表現だった。

 

 アイドルって表現者なんだという、忘れがちな事実を思い出した。


 ある時は血糊で血どろみになり、ある時は映像の中で炎に包まれ、ある時は照明の作る水の中に溶け込む4人。別の世界で生きている人たちの姿を客席から観ているようなところもあり、目が離せなかった。


 不思議なのは、それなのにブクガは今ここにいる私たちの日常と繋がっているという感覚があったことだ。その感覚を担保していたのが何かは未だにわからない。


 ライブの演出で最も印象的だったのは、コショージが走り去っていき、そこから皆が舞台の上から消える場面。


 コショージはずっとBiSの末っ子のイメージだったけど、もう彼女が動くと物語が動くような人なのだ。4人の歌とダンスからは、アイドルを形容する時にありがちなほつれや初々しさはなく、サクライケンタの世界に溶け込みつつ、それを増幅させ、打ち破るような強さがあった。


 最後にコショージがただ一言「ありがとう」と言ってから、4人が舞台から去った。しばらく誰も何も言わずに、拍手もしなかった。彼女たちの作り出した世界から戻ることが出来ないまま、ぼんやりと座っていたのかもしれない。


 ブクガに対する感情が「Solitude HOTEL ∞F」以前、以後になるような体験だった。


 ただ残念なのは、これまでのブクガをあまり知らないのでそれが何なのかがよくわからないことだ。

 

 その正体を知りたくて、ファンの人が作ってくれた当日のセトリのプレイリストを何度も聴いている。

 

music.apple.com 

 あと、帰り道にファンの人同士が本当に誇らしげにどこがよかったのかを語っていたのが最高によかったです。

「俺が言うのもなんだけど、歌うまくなったよなあ」「コショージのダンスすごかったなあ。芸術だった」とか。

石川町のパティスリー レ・ビアン・エメ

f:id:hontuma4262:20200108212230j:image
f:id:hontuma4262:20200108212225j:image

 風邪で何も出来なかった年末を取り返すつもりで行った高いケーキ屋さん。

 たしかに重層的な味だけど、もう少しパンチがあった方が好みかも。でも、この店のお客さんはきっとこの上品な甘さが好きなのだろう。お茶も美味しいし、大人しくて品のいいお客さんしか来ないから、作業や読書にいいと思う。

 「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」を読んでいたので「ブルジョアのための店だなあ」とも思った。

 ちなみに、店から5分の川向うに、日本三大ドヤ街のひとつである寿町。大通りを進んで3分の所に、かつてはファッションの発信地として栄えた元町商店街が姿を現す。横浜を象徴する土地に、すぐに足を伸ばせる立地である。

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

 
ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

 
ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 無料お試し版

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 無料お試し版

 

 

池袋 SHANGHAI DINING 大ウ邨 (だうつん)

f:id:hontuma4262:20191215200610j:image
f:id:hontuma4262:20191215200556j:image
f:id:hontuma4262:20191215200548j:image
f:id:hontuma4262:20191215200613j:image
f:id:hontuma4262:20191215200544j:image
f:id:hontuma4262:20191215200559j:image
f:id:hontuma4262:20191215200541j:image

 年末。友人二人と池袋の上海料理店へ。いくらか写真の抜けがあるような気がする。ここでしか食べられないようなものがいくつかあって面白かった。手作りのメニューの写真が青白くてまずそうなのも、お客さんがチャイニーズばかりなのもそれらしい。焼きワンタンが特に美味しかった。ワンタンらしくツルッとした部分と、油でふくらんだサクサクした部分が混ざり合って、なかなかない口当たり。

 前日に乳がん検診の再検査判定を食らって、大変暗い気持ちのままの飲み会。結局ただ水が溜まっていただけで何も問題がなかったけれど、自分が「健康」を失った時にどう生活すればよいのか考えこんでしまった。

 悲しいけれど、金は生きるための自信である。

 Sさんがやおい的関心からヒプノシスマイクのどついたれ本舗にハマっていて、そのまま日本語ラップに対する関心を高めているのを見て、やはり性欲は人を動かすのだと実感。