ホンのつまみぐい

いろんなもののファンをやっている人が、日々のよしなしごとを綴っています。

アシッドでけだるげなラップが優しく響いた祝福の夜/あめとかんむり 1st album "nou"release party @中目黒solfa

あめとかんむりのリリースパーティ-、しみじみよかったです。

校庭カメラガールツヴァイの解散後にはじまった、molm’o’mol(もるももる)のソロプロジェクト・あめとかんむり。

 

11月9日に行われたリリースパーティーは、中目黒solfaというtapestokrecordsにとっては馴染んだ箱での開催でした。

平日の夜19時からのオープン。演者はfaela、八月ちゃん(アコースティックセット)、Primula、そしてあめとかんむり。

シンプルでコンパクトな内装と青をベースにした照明が穏やかな東京の夜を強く演出していて、いつものアイドルイベントとはちょっと違った雰囲気。

 

DJが終わるとtapestokrecordsのアーティストで、女優小宮一葉として活動するfaelaのライブがスタート。

ささやくような声のラップはポエトリーというにはちょっと弱々しくて儚い感じ。赤いワンピースに大きな目が印象的でした。緊張感強いなと思ったら初ライブだったとか。

www.youtube.com

Curtain Call (girl remix)のトラックメーカーPrimulaのDJ。

宇宙旅行がはじまりそうなビートに、時折入るかわいいアレンジがめちゃくちゃ好み(わけわからない形容ですみません)。ずっと聴いていたくなる音でした。途中からDJブースから出て来たと思ったら、セーラー服に着替えて旗を振っていたのも面白かったです。

Primula | Primula Cat Fish | Free Listening on SoundCloud

PrimulaのDJで「来てよかった」としみじみ思ったところに、Jasさんからの振る舞いテキーラ

そして、モスグリーンのアー写の衣裳を着たmolm’o’mol登場。優しいビートのイントロが鳴ると同時に、フロアから少し声が出ます。「またコウテカの曲を歌う日が来るとは思いませんでした」という言葉をはさみ、Curtain Callソロ。

Curtain Callは「思い出す」ことについての歌で、過去と現在、そして未来の意味が1曲の中でどんどん変化していきます。

「これはきっと大切な詩になる 今日はきっと大切な1日 そんな衝動ふわりと浮かび出す カーテンコール」

今日の歌には、うぉーうぉーとぅーみーも、ののるるれめるも、しゅがしゅららもいない。なのに、なぜか寂しいとは思わず、ただリリックをひとつひとつ聴きとりながら、音に耳をすませていました。

Dis dear Month of August / 校庭カメラガール | tapestok records

※リリックは↑で確認出来ます。

molm’o’molが下がって、八月ちゃんのアコースティックライブ。

髪色に合わせてブルーでまとめた服装がsolfaの照明とよくあっている八月ちゃん。柔らかいギターの音色と、八月ちゃんの少しかすれた声と素直な歌い方が心地よく、ちょこちょこ哀しいフレーズが挟まる歌詞がすっと入ってきました。合間に色の違う坂口恭平のカバーが入るセトリもよかった。

www.youtube.com

 

0413

0413

 

アシッドなハウスミュージックに乗る、一見けだるげで投げやりな、でもどこか切実なラップ。幻想的な音作りとどこか心に引っかかるラップの組み合わせ。

実は、最初にこのプロジェクトのMVが公開されたときに、まったく理解できなくて周囲の高評価に戸惑っていました。だから5月のイベントで観たときも正直そこまでピンと来ていなかったのですが、いつの間にか音が耳に馴染んできて、アルバム発売が告知された頃はすっかり今年の秋の大きな楽しみの1つになっていました。

www.youtube.com

ライブはアルバムの冒頭と同じく、あぶくの音を加えた音に、数え歌のような言葉が乗る不思議な曲・backからはじまり、スムースなつなぎで進んでいきました。

どこか憂鬱な言葉が続く曲ばかりだけど、八月ちゃんを加えてのwith out youでの二人の楽しそうな様子とか、フロアの中央に降りてきて煽りを入れたり、真ん中で寝転んだりというちょっとしたあれこれやってみた感とか、控えめながらいきいきとライブを楽しむmolm’o’molと、それを見守るように身体を揺らすフロアの人々という画がとてもよかった。

www.youtube.com

アイドルを辞めてから今まで以上に口べたになったみたいで、MCは何だかフラフラしていたけれど、それをゆっくり聞いているフロアの様子も含めてとても幸福な現場で、最後のTomoさんが誕生日ケーキを渡す場面では、何だかちょっと懐かしい気分になりました。

エモーショナルでフィジカルにくるライブも楽しいけれど、こうして、自分にとって新しい音楽を祝福の気持ちとともにゆっくり味わうことが出来るというのもとても気持ちがいい。

よいライブというのは「もう一度あの時間に戻りたい」と思わせてくれるものですが、この日は間違いなくそういう一夜でした。

nou

nou

 

 

www.youtube.com

 

hontuma4262.hatenablog.com

夢日記1119

夢日記を精緻につけると心が不安定になるといいますが、たまに忘れたくない魅力的な夢を見ることもあるので、無理のない範囲で書いていくことにしました。

-----------------------------------------

車でないとたどり着けないような、地方の人通りのない幹線道路沿いにある美術館らしきところを目指して急いでいた。

そこでしか観られないライブ(どうやらBiS階段的なもの)を見るためには、乗り継ぎのミスなどが許されない。

古い地方美術館らしい、赤レンガがクラシカルな会場に着くと、美術館脇のプールのような池のようなところに、ウルトラ怪獣くらいの大きさの黒々とした巨大なウツボがいてバシャッと跳ね飛んでいた。

全身は見えなかったけれど、その頭と上半身のシルエットだけでもその巨大さは体感できて、少しわくわくした。

-----------------------------------------


明らかに寝る前のブログに「ドイツ文化センターでノイズのライブを観た」ことを書いたことが影響しています。

幹線道路沿いの美術館という状況は、山の中にぽつんとたたずんでいる市原湖畔美術館に行って、「ああ。死んだらこういうところに行きたいな」と思ったのが反映されていそう。

hontuma4262.hatenablog.com

 

ノイズミュージックはラーメン二郎/This Remortal Coil@ドイツ文化センターにZVIZMOを観にいきました

元BiSのテンテンコが蛍光灯音具OPTRON(オプトロン)プレイヤーの伊東篤宏と組んでやっているユニット「ZVIZMO」を観るという目的で、ドイツ文化センターに行ってきました。

インスタレーション、トーク、ライブ: This REmortal Coil - Goethe-Institut Japan

ZVIZMO

ZVIZMO

 

soundcloud.com

 

会場はセンターの講堂と講堂入口前のスペースを交互に使っており、体育館としても使えるような開けた会場に、服装も年齢もばらばらな人々がぱらぱら群がる様子は、ライブという言葉の持つ高揚感とは距離があり、ちょっと不思議な光景でした。

唐突にアナウンスされたこのイベントがどんな目的で開催されたのかはイマイチわからなかったのですが、とにかくノイズやアンビエントといった、通常の音楽イベントでは異分子として登場するようなメンツが揃っているようでした。

ノイズはBiSやゆるめるモ!が非常階段とコラボしていた頃に観たきりなので、起こることがいちいち新鮮。

まず驚いたのが「ノイズの人は楽器を自作する」ということ。

・「見た目ほぼ蛍光灯」の光る打楽器
・音と関係があるのかは不明なブラウン管TVやアンテナを配置した装置(あとで調べたところ、あくまでインスタレーションで楽器ではなかったようです)
エフェクターらしきものを両腕で抱え、振り回しながら音を出す

などなど。

楽器や演者のたたずまいに、SFというには少し古臭い昭和特撮的なあどけなさがあって、何となく親しげな気持ちになりました。

www.youtube.com

ところで、私はノイズは非常階段と、彼らが企画したイベントでのセッションしか観たことがなかったのですが、非常階段ってノイズの中ではエンタメの部類なんですね。音が華やかだし、感情的。

Black Smoker recordsのイベントでは前衛的に見えたK-BOMBのユニットがむしろわかりやすく、楽しく聴けたのが面白かったです。

 

5月前半に参加したイベント(ウテギャ&963、Erection10周年、BLACK SMOKER RECORDS20周年、UNDERHAIRZ「ラップ酷いリリック烈伝」) - ホンのつまみぐい

この日のノイズはだいたいが聴き方がよくわからない感じでしたが、冷蔵庫が鳴らすブーンという音をのばしたり引っ張ったりしたような演奏など、懐かしい気持ちになる瞬間もありました。

K-BOMBリスペクトのぽじくんとお友達のなべはるくんが来ていて、ぽじくんのCDを買ったりもしました。

さて、ZVIZMO。

さっき書いたように、私はまだまだノイズの聴き分けができるほど音に対して柔軟ではないので、ZVIZMOがやっていることをうまく受け止めて表現できないのですが、BiS在籍中はとがったことをやろうとしつつも、いまいち自分をコントロールしきれずにその攻撃的な面だけが目立っていたテンコが、こういう大仰な舞台でさまざまな人の注目を集めながらどうどうと好き勝手な音を鳴らしている姿はとても清々しかった。

それを、別のジャンルの音楽がきっかけで出会った若者と同じ空間で観ているという状況も含めて、気持ちが明るくなる夜でした。

www.youtube.com

phewまで見たかったのですが、病み上がりなので断念。

帰り道で青年二人と

私「ノイズってた~まに聴きたくなるけど、ガチのイベントには行きづらいんだよね。昔応援してたアイドルが出る・無料というきっかけがあってやっと行くみたいな感じ」
ぽじ「それありますね。ラーメン二郎みたいな感じで、たまに食べたくなるみたいな」
なべはる「それ、行って後悔するやつじゃん」

という話をしたのが楽しかったです。ノイズはラーメン二郎かあ。

 

参考までに、テンテンコがアイドル時代のラジオで発表した曲。自分の咳やささやきをサンプリングして作った曲を流してました。

www.youtube.com

ワーグナー・プロジェクトでのサイプレス上野とロベルト吉野のライブを配信で観ました

ワーグナー・プロジェクトでのサイプレス上野とロベルト吉野のライブ、配信で観てました。

10月の作業と12月までの目標ちゃんと整理しようと思ってPRONTOに入って、手帳とiPhone開いたら、ペリスコープで配信されてて、しかもPRONTOWifi通ってて。そのままiPhoneで観ちゃいましたよね。だらしねえ。

 

ワーグナー・プロジェクトは「劇場をストリートにする」というキャッチコピーで始まったKAAT(神奈川芸術劇場)のプロジェクトで、オーディション、シンポジウム、ワークショップ、ライブ、グラフティなど多彩な方法でヒップホップカルチャーを劇場に出現させるというもの。

ワーグナー×ヒップホップ? 異色演劇プロジェクトの初日をレポ - レポート : CINRA.NET

ヒップホップシーンのライブ参加者はKダブシャイン、ベーソンズ、NillNico、GOMESS、サイプレス上野とロベルト吉野というけっこう豪華な座組みでした。

 

理論武装できるKダブシャイン、ダースレイダー。ポエトリー寄りのラップで、フリースタイルでのワンマンの経験もあるGOMESS。ヒップホップ文化の伝道者としてのサイプレス上野とロベルト吉野かな。

 

横長の会場の両壁面に階段状の段差を作り、そこに腰かけることができるようにする。さらに鉄骨を張り巡らせて空間を上下に行き来できるようにし、中央の空間をステージにするという、会場に広場を作る構造。

 

それだけだとどのようにでも見えるセットなんですが、全体に布スクリーンやグラフティを張って、ストリート感というかヒップホップカルチャーとの接点を作ってました。

 

サ上とロ吉はタンテをフロアに置いてルーティン・定番曲のつなぎからWalk This Way(アセ・ツラ・キツイスメル)で、階段の一番上に。

サビの「アセ!ツラ!キツイスメル!」でこぶしを振り上げるところ、何回見てもめちゃくちゃダサいなー。バカだなー。最後に二人で手を合わせる振り、応援団ノリなんだろうなー、かわいい。

ターンテーブルの前に戻ってB-BOYイズムのレコードをスクラッチして、チューリップ演奏を演奏。からのコールアンドレスポンス。演劇ファンが多かったと思うので、こういうわかりやすく参加できる遊びを持ってるの強いですね。

 

そこからNONKEY、LEON a.k.a.獅子、イチヨン加えてのサイファー。

昔話やヒップホップありがちヤンチャ話に加えて、時にサイプレス上野がお客さんをくどいたりするコミカルなサイファーに、お客さんの笑顔が親しげなものになっていくのがとてもいいです。

しかし、サイファーに加わる人がいないのが、ちょっと「催し物」という感じがしましたね。でも、「漢たちとおさんぽ」の企画で戸塚のサイファーに行った時も、やってる子たちが乗ってこなかったと話してたから、そんなもんなのかな。

 

サイファーが一息ついてから、サイプレス上野の提案で「さっきディスクユニオンで買ってきた、初めて聴くレコード2枚を回して、いい感じのところをスクラッチする」という企画にチャレンジ。

 

ロベルト吉野がとりあえずレコードを回すと、流れてきたのはラテンアメリカっぽいバラード調の曲。私も含め、何がしたいかよくわからないという感じの周囲をよそに、緊張気味に音に集中する様子のラッパーとDJ。スクラッチを入れる場所を探しているロベルト吉野に、ついつい「ここ(で入れれば)いいじゃん!」とチャチャを入れてしまうサイプレス上野……。

 

そんな場面もありつつ、ロベルト吉野のスクラッチが決まったのを見て、「おれは猫が爪をといだらそれがスクラッチって話をしてるんだけど」「こういう遊びの中から何かを発見していくのがヒップホップだと思うんだよね」と話す。ヨコハマシカの「遊びの延長に 息吹 意味持たす」を思い出します。

 

さらに、ロベルト吉野がレコードを長めに引っ張って、元ネタの音を活かしてループさせたのを聴いて「おーっ!ビートが出来た!」「これがサンプリングだよ!」というサイプレス上野。元の音の特性によるものだけど、このビートが「ふわぁ~ん」という感じの何だか浮遊感のある音だったのがなんかとてもよかった。

 

そのまま出来たてのビートでのフリースタイルから、ヒップホップ体操第二だったかな。ある人は階段の上で遠巻きに、ある人はフロアに降りて演者を取り囲むように観ているという、公園のような会場。それがヒップホップ体操第二のトラックと、サイプレス上野のかけ声に合わせて一つの動作を繰り返していく。

 

最後は「自分たちの町の歌」でドリームアンセム

ドリームアンセムのサビの

 

いつまで経っても子供のままで
大人になっても子供に戻れる

 

が、とても好き。「いつまで経っても子供のままで」と歌いながら、故郷への愛を語る姿は間違いなく大人というのがホントいいと思うんですよ。大人になったからこそ歌える、自分たちを育てた時間への感謝。ライブだと「Yeah まだ遊ぼうぜ」というロベルト吉野の無骨なシャウトが染みます。

 

www.youtube.com

 

ヒップホップというか、クラブカルチャーってもともとものすごく内輪感の強い音楽で、サ上とロ吉も間違いなくそういう狭さがあるんだけど、一方でこういう誰もが懐かしくて暖かい気持ちになれる空間を作れるところにやっぱり圧倒的に憧れると思いました。

 

いつまであるかわからないけど、↓のリンクでアーカイブ観られます。

 

ところで、ワーグナー・プロジェクトには「劇場をストリートにする」というキャッチコピーがついていましたが、その成果はいかがだったんでしょうか。

 

ブッキングはハズレがなくて、吉田雅史、佐藤雄一荏開津広(音響監督)、瀬尾夏美に山下陽光、磯崎新、柴田聡子と明らかに面白い人をいっぱい呼んでいたし、配信楽しんでた立場としてはありがたいなってかんじではありますが、一方で「めちゃくちゃ金かけて面白い人たくさん呼べばそりゃ面白さ担保されるでしょ」っていう気持ちにもなるわけで……。いや、ブッキングも思想ですけど。

 

プロジェクト終了後に見つけた演出の高山明のインタビューによると、

今、自然発生的に出来るコミュニティは同質なものにしかならないのではないか。「トランプ反対!」と言って人が集まっている構造さえ、同質的なものかもしれない。劇場という場もそのままにしておいたら、どうしても同質の集団になっていきます。僕はそこに自覚的でありたい。自然発生的にコミュニティがつくれるフリをするのではなく、演劇のような小さい世界だからこそ、人工的に雑多な人たちが集まる場をつくれる可能性があるのではないか。劇場にもう一度帰る意図はそこにあります。

performingarts.jp

ということらしいですが。

 

私、現場にいた人の

 

サイプレス上野とロベルト吉野のライブ。地元横浜の友人たちも参加してMCすると、上野さんがうれしそうに笑ってた。いろいろ込み上げたんだ。ハイソな芸術劇場に、道端から生まれたヒップホップが大音量に響いてるんだよ。『ワーグナー・プロジェクト』は、社会を縦に貫いてつなげたんだ。」

 

というツイートを読んで、「いや、ふだんハイソな劇場にいるきみらが、もうちょっとストリートに降りてくればいいのでは」と思っちゃったんですよね。いうて、地域の商店街のイベントだって社会を縦に貫いてるし、それこそアイドル現場とかめっちゃいろんな生き方の人いて、定期的に酒飲んだりおしゃべりしたり、時にはアイドルの応援をダシに一緒に何かを作ったりしてますけど。普段ストリートって呼ばれるものやそこにいる人たちに全然興味持ってないから、たまにおんなじ空間にいると物珍しくて感動するとかそういう話では?ってね。

 

もちろん、場というのは種類や数があればあるだけいいというのもわかっているし、そもそもちょっとつぶやいたことの揚げ足を取ること自体が品がないというのは理性では分かってるんですが、感情レベルではちょっとひっかかりました。

 

なんか、あるじゃないですか、地元のヤンキーの生態見て、普段は都会で遊んでる文化人が、急に「これこそ人と人とのつながり」って言い出すみたいなの。そういう一種のオリエンタリズムにはどれだけ自覚的だったのか。オーディションで形成したクルーの成果はどうだったのか。これだけいろんなシンポジウムをやったのに、アーカイブ化されないのとか。いろいろ気になる点はあります。

 

あと、開始の数日前まで登壇者が決まらなくて、やたら「TBA」(後日発表という意味らしい)って書いてあったり、タイムテーブルが掲載媒体ごとにちょっと違ってたりするのも引っかかりました。そんなとこリアルストリートじゃなくていいから……。

社会福祉機関としての図書館を書く「青い図書カード」

図書館を舞台とした少年少女のオムニバスストーリー。

スピネッリの「少年少女が何かと出会って心を解放していく」表現がとても好きなのですが、「青い図書カード」はそれがすべて本であり、図書館であるという意味で、本好きが読んだらニコニコしてしまう内容でしょう。

たとえば、1話目の「マングース」は中学生になり、幼なじみの万引きにつきあっていた少年が、図書館で「不思議あれこれ」という科学の本を読んで、知的好奇心を培う話。

本を読む快感をスピネッリはこんな風に表現します。

まるでバナナパフェを食べるときと同じだった。どこもあまりに魅力的で、一か所つっつくとほかのところもすぐにつっつきたくなるのだ。ただ、バナナパフェの場合、食べ終えるともう二度と食べたくないくらいおなかがいっぱいになるのに、この本の場合は、朝、がつがつ食べても、昼にはまたいくらでもはいるのだ。おなかとちがって、「不思議あれこれ」はどこへいくのか、どこまでもかぎりなく吸収されるのだった。

 

もう一つちがいがある。バナナパフェを食べるとき、マングースはとてもいやしくなる。人にとられないように、しっかりとガードをして食べる。(略)ところが本の場合、自分だけでは満足しないのだ。他の人にもおいしさをわけたくなる。

ただ、スピネッリらしく登場人物のおかれた状況は時にハードです。

たとえば、3話に登場するソンスレイは、麻薬中毒により母を幼い頃になくし、面倒を見てくれる叔父との車生活を強いられます。ソンスレイが行く町ごとで暴力をふるってしまうため、同じ町で生活が出来ないのです。ただ、ソンスレイの荒れた行動には、ひとつ理由があり、そこに彼が本と出会う意味が存在するのです。

ソンスレイが求める本と出会った瞬間に、心に到来する感情の暖かさは思わず目頭が熱くなりました。

登場する子供たちは必ずしも社会的に恵まれた立場におらず、これまで読書あるいは図書館に接することなく生きてきた子も多数登場します。彼ら彼女らは一人でじっくりを本を読むこと(またそうしたある種の隠れ家を持つこと)。読書によって過去と向き合うことを経験して変化していきます。

ありがちな本好きによる同類捜しの物語や、読書体験を特権化する物語で終わらず、社会福祉的機関としての図書館の価値を丁寧に描いていることが本書の優れている点と言えるでしょう。

それはそれとして、その後が描かれなかったウイーゼルの今後が心配です……。

青い図書カード

青い図書カード

 

BL・レディコミ・TL-女性向けポルノを読み解く丁寧な試み「欲望のコード―マンガにみるセクシュアリティの男女差」

最近、「BLって女の子にとって何なんだろう」と思うことが多かったので読んでみました。もちろん、BLの読者は女の子だけではありませんが、ここ最近の私の関心が「女の子にとって」なので、あえてこの文章でも「女の子にとって」を強調します。

 

本書は、「はじめに」で宣言されたように“「性的表現を含む女性向けコミック」に表れている女性のセクシャリティ観は、男性向けポルノコミックに表れているセクシャリティ観とは、異なる価値観によっている”ということを追究しています。

 

レディースコミック、ティーンズラブ(TL)についても取り上げられていますが、ここではBLについてのみ取り上げます。

 

・BLは伝統的な女性性規範からの逃避先
・BLには性描写が求められることが多い
・女性が男性を性的対象として見るための工夫

 

というのを前提に、具体的な作品をもとにした細かな考察があり、面白く読めました。

たとえば、BLコミック「お金がないっ」には借金のカタに売られて奴隷になった受けが攻めに買われてレイプされる場面があります。一見すると権力を行使する攻めに従属する受けの物語でしかない描写ですが、著者は攻めが愛を語るモノローグに注目し、「恋愛という権力関係において支配者は実は受けである」という事実を見いだします。

こうした入り組んだ価値観を前提とした楽しみ方は、BL読者にとっては自明ですが第3者にとっては理解しづらい。丁寧な整理がなされることにより、女性にとってのBLの重要性がわかりやすく説明されています。

 

また、一方で「ヤオイ作品の多くが(ある種)の異性愛規範を内面化していることは、現状も変化していないのだ。」という指摘もあり、これがとても重要だと思いました。

 

これに自覚的でないことによって、精神的に宙づりでいるというか……やおいを楽しみながら、その行為そのものを「異様なこと」と定義づけて引き裂かれている女の子が少なくない印象があるので。

 

つまり

・女性であることにより、自身を「傷つけられる性」であると強く感じている
・「性を楽しむこと」が誰かを傷つけることであるというのが内面に深くある
・客観的な立場でいられるBLをポルノグラフィーとして楽しむ
・BL的な読みを楽しむことは、性によって誰か傷つけることであると考えてしまう
・BLを読んでいる自分を異常であり、それを第3者に見せてはいけないと思う

 

という混乱した状態の女の子って少なくないと思うんですよね……。

でも、ちょっとマイノリティー側で、誰とでも共有できる性癖じゃないかもしれないけれど。そして、二次創作的な文脈において、ネタ元の作者とか当人とかには恥ずかしくて(嫌われたくなくて)言えないかもしれないけれど、異常と思って否定するのも間違いだと思うんですよ。

 

いや、思いますじゃなくて、明確に間違い。だって本当は「性を楽しむこと」と「誰かを傷つけること」はイコールじゃないから。たとえ、社会にそのような権力関係が蔓延していても。いや、しているからこそ、「本来はそうじゃない」って理解することが大事なんだと思います。

 

そういうちょっとナイーブで複雑な、様々なことが整理されたよい本でした。BL研究したい人はもちろん、性について考えたい人にはぜひ読んでほしいです。

欲望のコード―マンガにみるセクシュアリティの男女差 (ビジュアル文化シリーズ)

欲望のコード―マンガにみるセクシュアリティの男女差 (ビジュアル文化シリーズ)

 
お金がないっ 1 (バーズコミックス リンクスコレクション)

お金がないっ 1 (バーズコミックス リンクスコレクション)

 

 

wan.or.jp