ホンのつまみぐい

貼ってある写真は本文と関係ないこともあります。

めも

Have a nice dayZeppフリーライブ

SHIN-JUKE

絶対忘れるなリリパ

もつ酢飯活動休止ライブ

BADHOP武道館

NEWTOWN18

と、書きたいことに手が追いついておりません。

あと、去年おととしのことだけど、アーカイブのために書いておきたいこといろいろあるのに全然出来てない。

読書メモも作りたいな。

備忘録でした。

小田原の海鮮居酒屋RYOで夕食

叔父に相談事があり、弟と小田原へ。父も優しい変わり者だったけど、叔父もそうだということを改めて確認できて、何だかほっとした。

 

弟に「インタビューしてる人っぽいしゃべり方をしていた」と指摘され、相談事とはいえ、親族と話すときにそんな話し方はどうなんだと自問。叔父との距離感が20年前とほぼ変わらず、自分はいつまでも子どもっぽいなと思う。

 

帰りに小田原のものを食べようということで二人で街をぐるぐる歩くが、どうもピンと来る店がない。

 

歩き回った途中に気の利いた「和の燻製」という燻製屋があったので、こぶりな燻製セットをおみやげとして買う。

 

お店の人に「このへんで、おいしいごはん食べれるとこありますかね?」と聞くと、奥の立ち飲みスペースにいた恰幅のいいあんちゃんが「連れてったるで」と出てきてくれた。いかにもその店の常連ぽい風情で、「小田原で店探している人おると、案内しとるねん」という。

 

海鮮を食べたい旨伝えると、万葉の湯前の「RYO」というお店を紹介してくれた。

 

あんちゃんは「ここが気に入らんかったら、また店来れば教えたるわ」と言って去って行った。

 

まだ19時台で、これまで見てきた店はどこも空いていたのに、この店は席の9割埋まっていて、これはアタリの風情。

 

入るとフロアマネージャーらしきスーツの男性が「ご予約でしょうか?」と。当然予約ではないのでカウンターに。

 

お酒。ビール類は高いけど、なぜか日本酒550円と手頃。伯楽星と浦霞で一応乾杯。

 

お通し。チーズ?

f:id:hontuma4262:20181115202009j:image

あぶりトロさらだ。

さっとあぶったトロの身は、表面は香ばしくて、中身はコクがあって独特のうまさ。もともと新鮮な魚を使っているからか、歯ごたえがあって、弾力が口の中で気持ちいい。なんだこりゃ、新機軸の味。

f:id:hontuma4262:20181115202012j:image

刺身盛合わせ2人前。

白い魚は薄く、赤い魚はたっぷり厚くのバランス最高。

上にある白くて丸いのなんだろ?と思ったら生タコだった。生タコ、食べたのだいぶ昔だから全然わからなかった。おいしい。タコの下にはわかめが敷いてあって、これもおいしい。

 f:id:hontuma4262:20181115202001j:image

あら煮大根。

味付けは甘めなんだけどしつこくない。黒糖かはちみつなのかな?大根はしっかり味がついてるのに、魚の身がふわふわですごい。

あら煮と言えばぶりという固定観念に、これもぶりだと思っていたけど、後で調べてみると小田原って「オシツケ」という深海魚が有名で、このお店もその煮つけをよく出しているのだとか。ちなみにオシツケは俗称で、アブラボウズが正式名称。命名のもとは脂が多いから。

うーん、正直「新鮮だとぶりもこんなにふわふわした感じになるのか」と思いながら食べていたから、オシツケだったのかどうかが不明。しかしおいしかった。オシツケは入荷が安定しないようだから、メニューには魚の名前を書いていないのかな。

f:id:hontuma4262:20181115202005j:image

白子の天ぷら。

ふわとろ。

f:id:hontuma4262:20181115201958j:image

チヂミ

これは割と普通。小麦粉に包むと海鮮の良さが消えちゃうかも。

 f:id:hontuma4262:20181115202017j:image

マグロ味噌カツ

魚の肉を食べてるんだぞ!という満足感。ツナ的なパサパサ感ゼロ。

 f:id:hontuma4262:20181115201952j:image

あと、写真忘れちゃったけど、しらすの天ぷらで終えて二人で1万円だった。

 

だいたい一皿3人前で作られてることを考えると、これはよい。混むのもわかる。唯一欠点があるとしたら、店員さんが忙しそうで持ってきてくれた魚の種類が聞けないこと。しかし、おいしかった。

 

帰りに立ち飲みスペースに寄ったら案内してくれたあんちゃんがいたので「美味しかったっす!」と言って走り去った。お酒を呑むと元気な自分。

 

あと、金時と和み場arという店も教えてもらったのでいつか行きたい。

秋葉原ゴヨウマツのバラちらし

秋葉原の居酒屋ゴヨウマツの昼の海鮮がほんとに正しい。

行くと刺身定食ばかり食べてしまって他のものに手が届かないのが唯一の弱点。

昼の定食でもいちいち皮をあぶってくれるのがすごくないですか。最大でも1食千円なんだけど、値段は手間に見合ってるんでしょうか。

 板さん(たぶん店主でもある)、唯一の店員であるおかみさんに対して、語調がきつくてちょっとビビるけど、お互いの間に信頼関係はあるみたいなので、まあ。あと、夜に行くと材料なしのための品切れ多くて「おいっ」って思うんだけど、それもまあ。

そして下の写真は某日のランチ、バラちらし千円なり。

f:id:hontuma4262:20181115182901j:image

お刺身定食の時と違い、口に入れた時に気持ちがいいようなブロックサイズの海鮮。刺身は冷たすぎず、酢飯は熱すぎずで口当たりもいいです。魚はもちろんだけど、イカが柔らかくてうめー。

しかし、このちらしの最大のアイデアはかんぴょうが敷いてあること!

上品な甘さのかんぴょうと醤油の塩気が混じるのが最高。

ちくわ揚げにはチーズが入っているし、ほんと規格外のバリューです。

f:id:hontuma4262:20181115182905j:image

いちょう団地祭りに行ってきた

10月6日の土曜日、横浜市大和市にまたがる巨大な団地、いちょう団地のお祭りに行ってきた。

この団地には昔仕事でお世話になったTさんご家族が住んでいて、ご自宅にお邪魔したことがあった。

その時にTさんが「いちょう団地に住むと決めたきっかけは団地のお祭りだったんですよ」と話してくれて、一度行ってみたかったのだ。

 

いちょう団地は1980年、大和市ベトナムカンボジアラオスからのインドシナ難民のため定住支援施設「大和定住促進センター」が開設されたことをきっかけに、さまざまな国の人が住む団地になっている。だから、お祭りの屋台も国際色豊かだと聞いていた。

 

いずみ野駅から遠くて、一時間に3本くらいしかバスが来ない。初めて行った時は何となく歩いて行って、30分以上かかったことを思い出す。途中の畑の直売所でバカでかいズッキーニを買ったのがいい思い出だった。この日はバスで。

 f:id:hontuma4262:20181021021129j:image

到着してカラオケ用のでかいやぐらを通り過ぎると、焼き鳥と焼きそば、バザー品中心の日本人屋台の奥にカンボジアベトナム、タイ、中国料理の屋台が。

 f:id:hontuma4262:20181021021116j:image

 

必死で食べていたので写真が少ない……。

いわゆる日本向けに洗練されたお店では味わえない酸っぱさや甘さが強烈で食べていて楽しかった。

値段はだいたい一皿500円で、「お買い得!」ではないけど、固めの豆腐を煮含めたものとか、モツの炒め物とか、かなりすっぱめのトムヤムクンとか、いちいち刺激的。

バインミーのパンがいわゆるフランスパンともちょっと違う独特のバリサク感でめちゃくちゃよかった。バインミー自体は探せば食べられるところがたくさんあるけど、あのパンの歯ごたえのバランスみたいのはあんまりなさそうだなあ。

f:id:hontuma4262:20181021021101j:image

お世話になったTさんはマッサージの店とおもちゃのお店を出していた。

お子さんがプラ板で作ったキーチェーンと、いちょう団地の写真を入れたキーホルダー。それから、紙のお面や古着。どこかで仕入れて来たらしいピカピカ光るアクセサリーや、バクチクがパンパンなる子ども向けの拳銃なんかを売っていた。

お子さん作のキーチェーンはお小遣いになるとのことで、ひとつ100円で購入。

バクチク拳銃は団地で流行っているようで、あちこちからパーン!パーン!という音が聴こえていた。

f:id:hontuma4262:20181106190222j:image

いちょう団地の手作りキーホルダーは、小学校か塾か不明だが、とにかく生徒らしき子どもたちを従えた男性と、その生徒の1人で、ちょっと前まで団地に住んでいたという女の子が買っていくのを見届けた。

南米ツールっぽい彫りの深い顔の女の子が、真剣な顔で「私この前までここに住んでた」と言いながらキーホルダーを買っていくのも、生徒に促されながらお金を出した男性が「千円札使っちゃうんだ!」と言われてるのなんだかよかった。

Tさんご夫妻は人望があるのでいろんな人が訪れていた。

暗くなってからTさんのお子さんとお友達のお子さんの女の子2人が懸命に店番をはじめ、「安いですー」「そうでもないですー」と叫び始めた。

それを見て、遊びに来たバンドマンのSくんが、「安いの?高いのどっちなの?」と聞きながら、本当にニコニコした顔で「高いですー。すごく高いですー」と合いの手を入れていて笑ってしまった。

勝手にスピーカーを設置してレイブするカンボジア人がいたり、野良ライブが行われたりしていて、なかなかカオスだった。

f:id:hontuma4262:20181021021104j:image

Tさんは踊るカンボジア人に「最近日本ダメだ!前はよかったのに。お前らががんばれ」と言われたらしい。がんばります……。

セクシーなギャルがてっぺんに乗ったお神輿の通過を見届けて帰った。

翌日は子どもたちのダンスやカンボジアのウエディングファッションショー、中国語のカラオケ、ラオスカンボジアベトナムの踊りなどや、炭坑節が行われたらしい。

 

最後の写真はTさんがyoutubeで作った東南アジア各国のプレイリスト。f:id:hontuma4262:20181021021119j:image

f:id:hontuma4262:20181021021111j:image

 

トムズボックスの作ってきた本たち展@gallery福果


f:id:hontuma4262:20181105191543j:image



絵本編集者で、トムズボックスという小さな子どもの本専門店を運営していた土井章史さんが、トムズボックス名義で発行していた本の展示。

土井さんが編集した子どもの本かと思ったけど、土井さんが編集した絵本作家たちの私家版の展示だった。

ちょっとあてが外れたけど、多くの作家たちが子ども向けでは見せない不親切な筆致を本の中に残していてそれはそれで刺激的だった。懐かしい言葉でいうと、「ガロっぽい」本ばかり。実際、田中大八や西岡兄弟など青林工藝舎の作家の本もあった。

 

飯野和好藤沢周の新聞連載に寄稿したイラスト集が「飯野和好は青年をこんなに官能的に描けるのか」という意味で印象に残った。

 

f:id:hontuma4262:20181105191547j:image

 

土井さんご本人がいらしていたので、本当は応援の気持ちも込めて声をかけたかったのだけど、いい感じの言葉が思い浮かばないまま去られてしまって残念だった。井口真吾の「Zちゃん」のピンバッジを買って帰った。

 f:id:hontuma4262:20181105191555j:image

f:id:hontuma4262:20181105191606j:image

f:id:hontuma4262:20181105191538j:image

www.ehonnavi.net

インターネットの悪口は現実で

f:id:hontuma4262:20181105162206j:image

 楽しみに読んでいたcakesの連載『「青い芝」の戦い』が終わった。

 「青い芝の会」は脳性マヒ者による運動団体で、連載は学生時代に実際に活動の手伝いをしていた荒井裕樹さんと九龍ジョーによる対談だった。

cakes.mu

 過激ともいわれる闘争を、なぜ当事者が展開したかをわかりやすく語りながら、自分はどう関わるべきかについても言葉にしていて、とてもよかった。

 最終回は「『怒り』の共有で、理不尽な現実は変えられる」というタイトルで、

荒井 相模原の事件が起きた直後は、「池田小事件」(2001年)のことも参照されて、精神障害の人たちに対する偏見や取り締まりが厳しくなるとみんな考えていた。だからぼくも、某誌の緊急特集号に「これは冷静に考えなければならない」と書いたんです。

でも、冷静に考えられてしまう自分ってなんなんだろう。だって、19人も殺されて、20人以上がけがをしている。取り乱して、怒っていい事件のはずなのに。社会全体もわりと冷静でしたよね。でもそれって「この社会には、殺されても特に気にならない特定の人たちがいる」ということになってしまう。そのおぞましさに気が付いて、冷静でいてしまった自分に愕然としました。

もちろん、身勝手な理屈でとんでもないことをした犯人への怒りはあります。でも、それだけじゃなくて、これだけの障害者が殺されたこと、尊厳が傷つけられたことに対しても、もっと怒らないと。

 

荒井 安保法制のデモがあったときに、よく知っているジャーナリストが「過激な運動じゃなにも変わらない。対案を提示した方がいい」といった主旨のコメントを出していて、それはちがうぞとおもったんです。怒りは怒りで示してもよいはずです。

九龍 そうです。それに怒りを表現するための方法だって、歴史的な蓄積がある。青い芝だってその一つですし、沖縄の阿波根昌鴻のような非暴力の闘い方に学んだっていい。個人の「怒り」という原点に寄り添わずして、一足飛びに社会工学的に問題を解決しようという発想は、けっきょくのところ既得権益のある人間の都合のいいようにしかならない。

  という言葉に「ほんとそう!」と思った。

cakes.mu

 ただ、一方で、日常ではSNSでも現実でも「怒り」が「しょうもない悪口合戦」に転嫁されている。「社会をよくしよう」とするための発言なのに、ただの揚げ足取り合戦になってしまうなら、結果的に「怒り」の方が薄まっちゃってない?

 こんなことを書くのも、私自身がここのところ毎日キレそうになってツイートを止めるの繰り返しだったからだ。

「ここで怒りを含んだ嫌味を書けば拡散されてちょっとすっきりするだろうけど、それ意味あんのかよ……」

 で、まあ、「たぶん、あんまない」と結論は出ている。

 しかし、ネットを見るたび嫌いなやつとかムカつく事柄に対するイライラは溜まるので健康に悪い。悪口言いたい。めっちゃ言いたい。しかし、言えない。これがここ数か月の現状だった。

 しかし、そんな状態に対する対抗策があった。

 それは、「リアルで悪口を言うこと」だ。

 争いを避けるために詳細は書かないけど、私が「〇〇(人名)のツイートがほんとにうざくて……」と一緒にご飯を食べてた友人に言うと、「私その人知らなかったんだけど、〇〇なんだね!〇〇なんて一番人としてダメな人種じゃん!関わっちゃだめだよー」とすかさず言ってくれて爆笑した。

 気心が知れるというのはこういうことだな……。

 友人は「インターネットの悪口をインターネットでやっちゃダメだよ!インターネットの悪口は現実でやらないと」と言った。

 ほんとそう。心がけたい。

 ちなみに、あとで「悪口言ってる〇〇さんってめちゃくちゃ笑顔で輝いてますよね!」って言われた。

 わかる。自分の顔は見えないけど、終わった後の明るくてキラキラした気持ち、忘れられない……。あと、私はわりとブレーキかけてしゃべってしまうけど、悪口ってアクセルちゃんと踏んでるから、言葉に強度みたいなのもあったし。

 まあ、しかしそれも私の悪意を受け止めて、笑いながら打ち返してくれる友人あってこそなので、「ともだちだいじに」というのを心の底から実感した。ほんと、日常大事大事。

 しかし、リアルで悪口を言う友達がいない人のためにも、インターネットにももっと多様性のある優しい場所であってほしいし、そうなるように考えたいよね。