ホンのつまみぐい

いろんなもののファンをやっている人が、日々のよしなしごとを綴っています。

松村早希子個展「原宿アイドル標本箱」@marienkafer 6月30日

蛍光色のジュースや鮮やかな棒付きキャンデー、二・三度着たら壊れそうなかわいい洋服、甘いクレープのにおい。原宿・竹下通りには、甘ったるくて役に立たない、おもちゃみたいなものしか置いてない。

 
そのあまりにも堂々とした無意味さの輝きになんだかワクワクしてしまった。
 
松村早希子さんの個展会場、marienkaferは竹下通りからひとつ折れたところにあった。薄い蛍光色がそこかしこに張り付いた通りから、少し曲がっただけで灰色のコンクリが目立つ普通の通りが姿をあらわす。
 
会場は古着やアクセサリー、オリジナルのグッズも販売している小さなショップ。入口入ってすぐの壁に、アイドルたちを描いた、たくさんの作品が飾られていた。机の上には標本箱。箱の中の絵をピンセットで一枚ずつつまみあげて眺める。
 
f:id:hontuma4262:20170707223252j:image
f:id:hontuma4262:20170707223151j:image
 
松村さんのことは、最初ライムベリーのイラストを描いている人として知ったと思う。
 
こぼれ落ちそうなくらい黒目が大きい目と、控えめな口の表情。マンガ的なフレームにはめこむわけでなく、かと言って写実的でもない。自身が感じとったものをそのまま紙に落とし込んだような媚のない絵。でも、ちゃんと似ている。
 
躍動感はないけど、その分ずっとその人が絵の中に座っているような存在感がある。
 
不敵な表情の3776の井出ちよのちゃんや、遠くを見つめるような目のamiinAのamiちゃんとmiyuちゃん。あるいは、物憂げな目の蒼波純ちゃん。さまざまな女の子達の姿が絵の中に収められている。
 
f:id:hontuma4262:20170707223136j:image
f:id:hontuma4262:20170708123720j:image
 
アイドルを見ている時期がかぶるから、描かれている女の子たちの7割くらいは懐かしい気持ちで見た。参考にしたのがどの写真かわかるものもある。変わってしまったグループもあれば、表舞台からいなくなった子もいる。
 
ライムベリーのMCMIRIちゃんの黒髪デコ出しボブから金髪ショートカットまでの変遷も、壁と箱とに収められていた。くわしくは書かないが、MIRIちゃんにはちゃんと笑えてない時期があったと思う。「思う」というのは、私は現場で直接それを見ていたわけではないからだ。
 
でも、松村さんはちゃんとMIRIちゃんのことを見に行っていて、その時々の彼女を描いている。
 
だから、標本箱の中には金髪ショートのMIRIちゃんが、目を細めて笑う絵もあった。
 
f:id:hontuma4262:20170707223202j:image
 
松村さんの絵は、彼女が自ら「ヘンリー・ダーガー」への親近感を語ったように、極めて個人的な印象を受ける。でも、そのどれにも穏やかな祝福の気持ちが込められているので、見ているこっちも気持ちが柔らかくなるのだ。
 
無意味なものばかりの街で見る、はたから見れば無意味な、たくさんの女の子たちへの愛情表現。
 
会期終了最後の1時間にお邪魔したので、ドルオタ・松村さんの親族・お友達が入り乱れて、でも、うるさく感じないくらいのにぎやかな空気を作っていた。
 
 ***大量に撮ったのですが、載せきれないので少しだけ***
 
中では枚数多くなかったのですが、校庭カメラガールツヴァイラストライブ後、ブレッツで松村さんが描いていた絵を見せて頂いたのを思い出しました。
f:id:hontuma4262:20170707223217j:image
校庭カメラギャル。ぱたちゃんのふくふく感。
f:id:hontuma4262:20170707223228j:image
3776こと井出ちよの様!
この絵に一番惹かれました。
f:id:hontuma4262:20170707223120j:image
里咲りさちゃんは見た目ふわふわだけどいつもかっこいい。
f:id:hontuma4262:20170708122545j:image

カミヤサキちゃん、「サキ様」感。

f:id:hontuma4262:20170708122637j:image
amiina最後のライブの日を描いた絵。このライブ楽しかったな。 
f:id:hontuma4262:20170708122748j:image
そして、肝心の笑っているMIRIちゃんの絵を撮り忘れました……。
 
あ、松村さんのRealSoundでの連載の原画もありました。
リンク張りきれないので、思い入れの深い演者が出ているものを。