ホンのつまみぐい

誤字脱字・事実誤認遠慮なくご指摘ください。

雑感

 新型コロナウィルスの政府対応に関し、「政治に殺される」と思う局面が増えてきた。もっと早く首相をやめさせておけば、もう少しましな日本が存在したかもしれないと思う。もっとまめにデモに行っておけばよかったのか。それとも、もっと日常的に政治の話をしておくべきだったのか。

 排外主義を見かけた時にしっかり批判をせず、「ああいう人たち嫌だね」と、内輪でコソコソ話していたことは、排外主義を日本に根づかせる一因になったと私は思っている。日本が韓国の対策に学ぶことができず、今まさにコロナで多くの人死(経済的困窮も含め)出していることと、排外主義に対してしっかりとした批判を行って、世論を変えて来なかったことはつながっていると思う。

www.nippon.com

hontuma4262.hatenablog.com

 

 今までの自分のやり方を十分だと思えなくなった。何かしなくてはと思う。それでも、今の状況でできることは限られている。

 署名をしたり、意見を投稿したりする機会は格段に増えた。

 3月頃から、知人の「それはトーンポリシングだよ」と思うツイートにはちょっと反論したりしている。今のところ、そのせいで人間関係が破綻したという感触はないけれど、口に出さないだけで本当は「こいつウザいな」と思われていて、こっそり避けられていることはありうる。

 SaveOurSpaceの署名を地元の商店に配ったり、知人に勧めたりもした。対面での説明では、「これに署名したからって特定の政党に投票しなくちゃいけないとかないんで」「発起人の一人のスガナミさんは、前からライブハウスの中での性暴力なんかに積極的に反対していた人で」などと説明したけど、自分の話の下手さにがっかりした。どうして私の声はあんなに自信がなさそうなのだろうか。「はたしてこの説明で納得してもらえるのだろうか」と思いながら話すから、自分の言葉の勢いのなさにどんどん沈んでいってしまう。共感してもらわなくてもいい。納得してもらえばいいと思うのだけど、それが難しい。

docs.google.com

 ところで、そういう状態だからなのかどうかわからないけど、10年近くつきあいのある友人にツイッターをリムーブされてしまった。

 共働きで子育てをしながら働いている友人には、うろたえながらあれこれ感情を吐き出している自分が芯のない人間のように見えたのだろうか。それとも、「いやー、私も今いっぱいいっぱいなんで一時的に!池田さんが嫌になったわけじゃないから!」みたいなことなのか。普段なら共通の友人を誘って食事にでも行って、直接理由を聞いてみることもできるけど、今はそれができない。

 別の知人が「上野千鶴子石川優実は正しいけれど味方を増やすのが下手」と書いていて、社会運動にそれなりに関わっている彼の実感としては一理あるのかなと思った。石川さんや上野さんのやり方や功績を否定するつもりは毛頭ないけれど、彼女たちのやり方で沈んでいってしまう局面もあるのだろう。そういう時は別の誰かがやるなり、フォローするなりで対応すればいいと思うけれど……。

 私は、今すごく友人に「自分の何がダメだったのか」を聞いてみたい。友人にすら厄介だと思われるのなら、今の自分の行動には人に何かを伝える力がないということなのだろうから。それでなくても、純粋に寂しいし。

 だけど、休校で子どもの教育に悪戦苦闘しながら生活している彼女にそんなことを聞くのは無理があるだろう。

 これに限らず、目の前のさまざまな出来事に対して、どうしていいのかわからなくなってしまっている。

 

 こういうことを書くことによって、かえって友人との仲が悪くなったり、まわりに伝えたいことがうまく伝わらなくなったりということもあるのかもしれない。というか、あるだろう。なんだか被害者意識を見せびらかしているみたいだし……。

 そして、書き終えてしばらくしてから読み返すと、私の「世の中の役に立ちたい」という気持ちの中に「役に立たなければ自分には価値がない」という誤った観念もあるように思う。相当歪んだ認識なのだが、矯正できていない。

 ただ、それでもたまにはこういうことを記録してもいいかなと思ったので、書き留めておこうと思う。