ホンのつまみぐい

誤字脱字・事実誤認遠慮なくご指摘ください。

2020年1月中の蕨ミニ劇場

 音楽好きの女子MさんとMさんに黒井ひとみさんを見せたくて蕨へ。みと小鳥美さんも見たかった。初めての蕨は想像以上のカオスで、「記録しておきたいけどちょっとネットには書けません」みたいなことがたくさんあった。ピースなんだけど魑魅魍魎……いや、動物園みたいな。踊り子さんが足を上げるたびに「フォー!」と叫ぶおじいちゃんが忘れられない。あと、音楽に合わせてタコのように踊る人もいたし、蕨の鏡を活かしたクリエイティブな写真を撮らんとするおじさんもいたし、オープンで子どものようなキラキラした顔で笑っている人もいたし……。狭さ暗さも相まってなんだかブリューゲルの画みたいだった。なんかすごい写真の撮り方してる人もいた(詳細秘)。

 

 黒井さんの「まあ、こんなところまで」「ここは日本一ディープなストリップ劇場ですからね」「ストリップにもいろいろあるんですよ。こんな居酒屋のようなところまで」にしみじみ。

 

 橋口美奈さんが天板をやっていた。天板中に流れるあの奇妙な空気を日本語で表現できる人いるのだろうか……。行かないとわからないものの筆頭。

 

 みとさんは新作のアオザイからの赤襦袢がよく似合っていて、Mさんが「かわいいですねえ」と繰り返し言ってくれてうれしかった。2人に「また来てね!一人でも来てね」と言っていた。

 

 kuuさんは相変わらず、ピューマのようにめちゃくちゃ踊ってかっこいいのに赤ちゃん言葉。衣装がきゃりーぱみゅぱみゅみたいだった。JUNさんはお蕎麦屋さんの出前の服装が似合っていた。

 

 それにしても、黒井ひとみの女殺しっぷりがすごい。2人とも黒井さんと写真を撮っていたし、「目が合った瞬間にふっと観てくるのがやばい」と盛り上がっていた。

 

 連れてきた2人が黒井さんのことを好きになってくれたこと、Mさんが「この歌手好きなんです」と伝えたら、黒井さんが次のポラの時間のBGMをその人縛りにしてくれたことなどが思い出深い。

 

 そういえば、一時外出はハンコを手に押す形式だったが、手に色がついていなかったのでおじさんに「見えませんよ」と言ったら「蛍光だから暗くなると見えるよ」という。そんなもんかと思って戻ってきたら、暗いところでも何も見えなかった。なんなんだ。