ホンのつまみぐい

誤字脱字・事実誤認遠慮なくご指摘ください。

長い長い呪い

あえて抽象的に書くけれど、2015年2月26日から、ライムベリーはMCMIRIという女の子にかかった長い長い呪いでした。

だから、解散の報を聞いた時には悲しさはなく、「やっと」というホッとした気持ちしかありませんでした。

彼女がそれまでの道のりで得たものや、そこで生まれた幸福な感情もあると知っているけれど、呪いにかかっている間に彼女が失ったものが、本当にたくさんあるから。

解散を発表した日、ファンの前で「勝手に納得してツイッターでごちゃごちゃ言わないでほしい。言いたいことは物販で直接言ってくれればちゃんと話しする」という言葉を発したことを、まさにそのツイッターでのオタクの書き込みで知り、その後に解散に寄せた言葉を読んだ時に、つくづくそう思いました。

私は「言いたいことがあったら現場に来い」は、こういう時に使うための言葉じゃないと思います。なぜなら、MIRIちゃん自身がファンに向けて、自分の気持ちをきちんと伝えることが出来ていない……。出来なくなっているから。

いや、「ファンに本音をいうことが出来なくなった」というのは、本当は大したことじゃないかもしれない。

それより、自分の心に嘘をついていないか。自分が本当は何を考えているのかがわからなくなっているんじゃないか、が気になってしまいます。

色んな意味で最悪のアイドル運営がある中で、ライムベリー運営が抱えていた問題は、ある意味で「よくある話」なのかもしれない。けれど、比較的距離が近くて、それなりに思い入れがある分だけ、私にとっては本当に「最悪の運営」でした。

解散後は、今の事務所からはきっぱりと離れてほしい。それ以外、言うことはありません。