ホンのつまみぐい

貼ってある写真は本文と関係ないこともあります。

PURPLE COMET CLASH!!!!! Vol.8にwatasitatiと絶対忘れるなを観にいきました@大塚Hearts+

大塚Hearts+まで猫まみれ太郎くんの参加ユニットwatasitatiと、セルラ伊藤さんと志賀ラミーさん所属の絶対忘れるなを観に行きました。

Hearts+は大塚駅から少し歩いたところにあり、渋谷や新宿と違って街の通りの地下にぽつんとライブハウスがあります。

階段を降りるとライブハウスというよりカフェバーのような明るい内装がまず目に映りました。ビールを受け取って会場に入ると、けっこう人が集まっていてmilco vs ハザマリツシのライブ中。最後がなぜか乱入型フリースタイルバトルになっていて、その場にいたセルラ伊藤さん、ez do dan子さんが参加。最後は遊びに来ていたBATLLE手裏剣さんが「勘弁してよ」と言いながら無理矢理マイクを持たされてラップさせられていました。

その後に登場した元Summer Rocketの桐生ちありちゃん。アコースティックギターで登場。時々つっかえながらもひょうひょうとした風情で歌いきってました。猫まみれ太郎くん作詞の「バイバイ」という曲がラストの曲。猫くんの人柄の出たゆったりした詞でグッド。

www.youtube.com

一応覆面ユニット設定のwatasitatiはサングラスで登場。that's axx folksのりょうさんと、絶○忘れるなの志賀○ミーさんと、猫まみれ太郎くんの3人。

トラックは明るくて、ちょっとSugar's Campaignなんかをイメージさせるようなおしゃれなやつ。時折入る猫くんのささやくような歌声がとてもいいアクセントになっていました。ネギキャップ(Negiccoのグッズ)着用のDJりょうさんが、四つ打曲でいい笑顔でエビ反りしていて、思わず笑顔が移る。

それにしてもかけ声の「We are Watasitati!」はMETEORさんの「おれたちがoretachiだー!」に通じるくだらなさがありました。愉快な人はやることが一緒。

f:id:hontuma4262:20180501164650j:image

www.youtube.com

その後はぱいぱいでか美バンドだったのだけど、耳が音に負けてしまって物販コーナーで雑談。

絶対忘れるなはポップな曲に給料の話や毛の話など、下世話かつ親しみやすい詞を載せて歌うスタイル。曲調はアイドルポップス的な明るさがあるものが多いけれど、アイドルの持つ過剰さがいい意味で削がれていて肩の力を抜いて楽しめました。お客さんの熱量も高かった。

ただ、日常よりステージの方が似合っていそうな志賀ラミーさんのナチュラルな見せ物感や、貫地谷翠れんさんとセルラ伊藤さんの二人が「アラサーアイドル」と称して歌うアイスクリームポップアップトゥギャザーの「あの頃のアイドルシーン感」には心を揺さぶられるものがありました。(自己紹介の「のん・のん・のん」で変なスイッチが……)

間にピーチジョン万次郎さんの生誕口上が入ったりするのも、アイドル文化のいいところ取って遊んでる感じでよかったです。「下から目線の大人の悪ふざけ」という歌詞がぴったり。

そして、ほぼナードな客層の中、BATTLE手裏剣さんが一人両手を挙げて身体を揺らすヒップホップマナーで友人のライブを真剣に楽しんでいる姿が何となく絵になっていました。(てかこの日はバトルにしに来たわけじゃないからRHYME手裏剣かな) 

www.youtube.com

www.youtube.com

絶対忘れるなのテーマ

絶対忘れるなのテーマ

  • 絶対忘れるな
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes