ホンのつまみぐい

いろんなもののファンをやっている人が、日々のよしなしごとを綴っています。

かっこ悪いところ見せてでもかっこつけたい人の集まり TINPOT ALTERNATIVE @月あかり夢てらす

@f:id:hontuma4262:20180103151912j:image

ヒップホップ4大要素のひとつであるダンス。

ということで、チンポオルタナティブでスタジオチンポの面々がダンスバトルという新しい悪のりをスタートさせてました。

2016年9月からわりとまじめに参加しているスタジオチンポのイベントですが、今回は当日に京浜東北線が架線故障で止まってしまい、開始1時間半頃に到着するというしょっぱい状況に。

入ったタイミングではメブさんのDJ中。ぽ太郎さんのDJと、MANOYさんのライブは終了したところでした。ざ……残念。

この日は秋葉原サイファーの関連メンツが別個リリースパーティーをやっていたこともあり、人は少なめ。当たり前だけど、イベント来続けるってそれだけでけっこう大変だし、来てもらい続けるってのも大変だよなあ。

DJ終わって始まったのがuglinexくんのライブ。普段は演劇畑で活動しているという彼のラップは、ちょっとポエトリー寄りで、聴き取りやすい。あとは、かっこつけることに躊躇がないのが強い。

uglinex「Afterburn」 by studio tinpot | Free Listening on SoundCloud

ライブ終わって始まったのが中高でダンスをやっていたJavaraさんによるダンスショーケース。会場に入った時も、入場者にも気づかず鏡の前で練習をしていた彼のダンスは、衣装も併せて本格的。

なるほど、前にインタビューで聞いた拍を取るってこういうことかと実感。かっこよかった!

hontuma4262.hatenablog.com

お次はダンスバトル
一部参加者は前日にダンスの練習をしていたそうで、中で評価の高かったマジコン、ヤボシキイによる試技の披露。披露されたバトルは、拳を振るう動作のマジコンくんに刀で切りつけるヤボシキイくんというリアルストⅡ(ゲームの感覚が90年代から止まっててすまん)調。つきあいの長い2人なので、お互いがちゃんと息の合った掛け合いをしている感じが面白かった。

「はい、観ればわかると思いますけど、これはガキの頃やった『たたかいごっこ』ですね」というアナウンスから参加者を募るも、さすがにラップほどは人が集まらない。

そんな中、果敢に参加した細身のらいんひきさんがダンスダンスレボリューションのまねごとをしたり、大学の応援団長だった遊牧民さんが完全に応援団あのムーブで音に乗っていったりと、公園の砂場のような原初的な空間が形成されていました。(でもビートは泉まくらとかK-BOMBとかFla$hBackSとか)MANOYさんのちょっと手旗信号感のあるダンスはチャーミング。泉まくらで踊る遊牧民さんとオラディーさんのダンスはちょっと泉まくらファンに怒られそうな感じでした……。

お次のいぬいぬさんのDJはアニソン多めだったんですが、曲の構成に「ん?校庭カメラガール?」と思うものが多くて、コウテカのアニソン遺伝子を改めて実感。

ソロEP公開を終えたばかりのオラディーさんのライブは、EP同様フロウの無駄使い感がすごい。「年下の女の子声優に!夢中になっちまったら終わりや!」ってどんなフックだ。さすが声豚ラップの第1人者のひとり。でも、声がなめらかなのでフロウが決まる感じがすごい。楽しかった!

www.audiomack.com

 ダンスバトル第2回戦はあらいぐまさんとカクニケンスケくんが加わってさらにカオスの様相を呈しました。

ヤボシくんが、遊牧民さんの技を受けて床に座り込むリアクションをしたところに、遊牧民さんがいきなりキスをしたのはまじで非道だと思いました……。

第2回の最終戦はあらいぐまさんとカクニケンスケくん。K-BOMBの曲で痙攣したようにエセ暗黒舞踏を踊り出すあらいぐまさんと、若干引きつった笑顔を浮かべながらいきなりコサックダンスを始めるカクニケンスケくんとか、形容しがたい異様なものを見ることができました。ダンスと言うより身体を使った大喜利と言う方が近いかもしれない。ちなみにカクニケンスケ勝利!

でも、参加者みんなの「かっこわるいところを見せてでもかっこつけたい」感じがエモいと言えないこともなかった。

そして、今度は運営陣「チンポマニア」によるライブ

DJドクマンジュにヤボシキイとジャバラで3MCというボリュームのある編成。

この編成は3月のチンマニぶり。で、ヤボシくん今までのライブで何度か歌詞を飛ばしていて、しかもそれを私がブログに書き残しちゃったからドクマンジュくんがTwitterで怒ってたのを見たりしてたんですよね。

「あっ、やべえ」と思いつつ放置してたんですが、この日はちゃんと圧のあるライブが出来ていて、鍛錬が見て取れました。何より、クラブの音響で聴くと、それぞれの曲のラップミュージックとしての正統ぶりが際だって、「皆のラップに対する愛情がオリジナルティーを持って形になってる」感がよかった。

フックは「俺も赤ちゃんプレイしてえな」だったり、「原発反対!」だったりするんですけどね。そして、めっちゃ盛りあがるんですけどね。でも、それもむしろヒップホップ感あるよね。

大丈夫音楽「OSHIMAI BABY PLAY」 by studio tinpot | Free Listening on SoundCloud


最後は100均の道具を叩くセッションから、JavaraDJでのんびり終了。

後でドクマンジュくんがダンスバトルを「みんなラップは安定しちゃったから、新しいことやってもらったらめっちゃハラハラして最高だった」みたいなことを書いていて、やっぱ信頼できるなと思いました。

2018年またヤボシキイ名義の新しいアルバムが出来るらしいので、その後のチンマニが楽しみです。

hontuma4262.hatenablog.com
hontuma4262.hatenablog.com

hontuma4262.hatenablog.com

hontuma4262.hatenablog.com

hontuma4262.hatenablog.com

 

www.audiomack.com

www.audiomack.com

www.audiomack.com

www.audiomack.com

www.audiomack.com

www.audiomack.com

www.audiomack.com

www.audiomack.com