ホンのつまみぐい

いろんなもののファンをやっている人が、日々のよしなしごとを綴っています。

MOROHAⅢ RELEASE TOUR MOROHA×STERUSS ×naf @厚木Thunder Snake 2016年12月4日

f:id:hontuma4262:20170125211124j:image

かなり期待していた対バンでしたが、体調不良につき楽しみきれませんでした……。寒空の下、鎌倉の露店でビールとソーセージをかっくらってから映画を観て、そこからさらに本厚木に移動というスケジュールが祟ったのか。

 
会場は厚木サンダースネーク。小さめの箱でしたが、小田急通ってるとはいえ、本厚木なんてアクセスの悪い場所の箱が埋まっていたのは驚き。180人は来てたんじゃないでしょうか。
 
 
厚木の2ピースバンドという自己紹介からのライブ。いい声のボーカル&ギターと力強いドラムのコンビ。
 
「俺らも本当はそっち側だったんだけど、MOROHAが来るってんで無理矢理ぶち込んでもらいました」という熱いMC。音もちゃんと感情乗せてる印象。最後のドラムのズダダーン!!という音に「出し切った!」という安堵感を見ました。

www.youtube.com

 

nostalgia

nostalgia

 

 

 
こっちの体調もあるけれど、正直熱量をあげるのに時間がかかっていた印象でした。直前のBELAMA2さんのツイートを思い出し、「やっぱり働きながらは大変なのかな」と思ったり。
でも、
 
crime6 37~38歳のMCが止まらずどんどん走り抜けるというテーマでやりました。
BELAMA2 固てえな~。
crime6 やっぱ固いかな?
BELAMA2 これだから日本の教育は……。
crime6 笑いがないとね。
BELAMA2 いいんじゃない? 人それぞれで。
 
というMCからのオールドルーキーという単語が入った新曲の流れは熱かったです。STERUSSには、これからも続けることの価値を証明し続けてほしい。
 
大時計のダンスが聴けたのも嬉しかった。地元補正もあると思うけど、地名を並べ立てて歌うの、地図をたどるような面白さがありますね。ラップの形式と相性いいと思う。
 
余談ですが「そごうの時計は踊ったまま」というライン。この時計とは横浜そごう入口の巨大なからくり時計のこと。かつては一時間ごとに、訪れる人の目を楽しませていたこの時計は2008年老朽化によりからくり時計としての稼働を停止しています。
 
私は「止まった時計を思う歌」かと思っていたのですが、実際は停止前に作られた歌なんですね。

zzsteruss.exblog.jp

 

www.youtube.com

 

円鋭

円鋭

 

 

MOROHA
 
ラップのアフロにギターのUK。
 
アフロの声の聴き取り易さやくどいほどの熱量はMVからも感じ取れるのだけど、生で聴くとそのMCの饒舌さも含めて少年マンガの主人公のよう。新井英樹がジャケットを書いているのもよくわかる。
勝ち負けじゃないと思える所まで俺は勝ちにこだわるよ
勝てなきゃ皆やめてくじゃないか
勝てなきゃ皆消えてくじゃないか
あらかじめ結論を歌っておいて「お前はどうだ?」と問う様には、自己完結的な部分も感じたのだけど、そのある種の堂々としたマッチョさも含めて聴き手の気持ちを引き上げる存在なのでしょう。
 
UKのギターの甘さがロマンチシズムを強調しつつ、うまく全体をコントロールしていたように思います。
 
最後は疲労でぐったりで、楽しかったかと言われるとノーですが、観られてよかったです。

 

MOROHA II

MOROHA II