読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホンのつまみぐい

いろんなもののファンをやっている人が、日々のよしなしごとを綴っています。

名前を知らない石ばかりの宝石箱

日々

 一月一日は地元の大きい本屋に行った。

 本屋だった頃、出版社に勤めていた頃と比べて格段に本に対する感受性が落ちているのを実感した。以前は本屋を歩くとそれぞれの本が存在を主張してキラキラ輝いているように見えたのだけど、今は文字のかたまりがドカッと置いてあるように見えてしまう。

 そりゃそうだ。本当は、本屋に行く前から、友達がおすすめしたくれたあの本や、新聞や雑誌やSNSに載っていたあの本のことを知っているから本屋という場所が宝物のありかのように見えていたのだ。

 私はもう世の中にはつまらない本も、愛のない本も、やるきのない本もあるということを知っているから、本屋を宝石箱だと思うのには情報がいる。

 たくさんの本の中から宝石をすくい上げるのに手間と時間がかかるのだ。それはレコード屋だって、ライブハウスだって、ゲームセンターだって変わらない。

 広報や販売の仕事がやるのは、その手間を短縮することなのだろう。

 この日買ったのはこれ。

洗脳 (CD+DVD) (TypeA)

洗脳 (CD+DVD) (TypeA)

洗脳 (CD+DVD) (TypeB)

洗脳 (CD+DVD) (TypeB)

解体的交歓~真夜中のヘヴィ・ロック・パーティ~

解体的交歓~真夜中のヘヴィ・ロック・パーティ~

UNDO THE UNION

UNDO THE UNION