ホンのつまみぐい

いろんなもののファンをやっている人が、日々のよしなしごとを綴っています。

「青年のための読書クラブ」「太陽のパスタ 豆のスープ」

 

青年のための読書クラブ (新潮文庫)

青年のための読書クラブ (新潮文庫)

 
原作ももちろん面白かったのだけれど、先んじて読んでいたコミカライズの見事さに驚かされた。あれはタカハシマコによる評論だ。そして彼女の絵が強すぎてほかのビジュアルが浮かばない。コミックと併せてもう一度じっくり読み直したい。

 

太陽のパスタ、豆のスープ (集英社文庫)

太陽のパスタ、豆のスープ (集英社文庫)

 
自分探しドラクエ。婚約破棄された女の子がいろんな人(今まで一緒にいた人の新しい面含む)に会う話。オーガニックレストランに行くと出てくる、塩の足りてないスープみたいな薄味な話だった。これが初読という人には、「スコーレNo.4」を読んでほしい。靴屋で働く女の子の話で、こっちはちゃんと塩味も苦味もついてる。