読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホンのつまみぐい

いろんなもののファンをやっている人が、日々のよしなしごとを綴っています。

石井あゆみ短編集

 アニメ的な絵柄が目立つ少年サンデー系列で、石井あゆみさんのような素朴な画風の人がデビューしたのを不思議に思っていたのですが、「マイペースな男の子を無理矢理追いかけるパワフルな女の子」「元気な女の子を無理矢理追いかけるお調子者の男の子」ときたら、「うる星やつら」「GS美神 極楽大作戦!!」の系譜だと妙に納得。

 ストーリーはどれもたわいもないラブコメで、だけど彼女の独特なあの絵柄で、不思議な世界を作り出しています。

 ところで、彼女の絵を今の子どもたちはどう評価しているのかと思ったら、編集の方のインタビューでは「尋常じゃない人気」とのこと。

──石井さんの絵がまた、独特ですもんねえ。

本当にそうなんです。不思議な絵です。あまりにも見たことがない絵なので、何なんだかよくわかんないんですよね。

──古いようで新しいようで……読者にはどう受け取られてるんですか。

アンケートではもう、尋常じゃない人気です。「帰蝶かわいい」「横顔が新しい」とか書いてあるんですけど、でも感覚としてはもう僕にはわからないですよ。そう見えるんだ……そんなにいいのこれが? みたいな。や、当然僕は僕で惚れ込んでるんですよ。けどこれほど10代・20代から熱烈な支持を受ける理由は、ちょっとよくわからないのが本当のところですね。

Powerpush 石井あゆみ 信長協奏曲

 「僕は僕で惚れ込んでいるけど、なんで受けるのかわからない」という編集の方に完全同意です。後継も出てこないように思うし、魔夜峰央みたいなポジションになるのかな。信長協奏曲もそうですが、感情の高ぶりをさらっと流す作風が面白いので、もっとシリアスなモチーフの短編を手掛けると新しい世界が生まれそうです。