読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホンのつまみぐい

いろんなもののファンをやっている人が、日々のよしなしごとを綴っています。

ケーキとブーケをこわさぬように

日々

母の日にケーキを買いに行ったら、小学3年生くらいの女の子とお父さんが母の日用のケーキを選んでいた。

「お持ち歩きのお時間どのくらいですか?」というお店の人の言葉に対し、「5分くらいです」というお父さん。
そして、「こわさないように、ていねいに運ばなくちゃ!」と真剣な目で言う女の子。

こういう時の子供から感じられる幼い責任感は本当にキュート。
この日のケーキ屋はいつものケーキの上にすみれやカーネーションを乗せていて、まるで童話の中に出てくる妖精向けのケーキみたいだった。
可愛いものは尊くて、大切。