読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホンのつまみぐい

いろんなもののファンをやっている人が、日々のよしなしごとを綴っています。

 デモサヨナラ

 今さらだけど仙台ご当地アイドル「Dorothy Little Happy」の「デモサヨナラ」って平成の「木綿のハンカチーフ」なんだ。

 高校を卒業して離ればなれになる男の子と女の子。
 主語になる女の子は「この街を離れるあなた」に対して、サビでずっと「好きよ好きよ」と語りかける。だけど、「あなた」は行ってしまう。これを仙台のご当地アイドルに歌わせるのは明らかに意図的だね。


 「木綿のハンカチーフ」は、都会の色に染まった男に忘れられた女が「ねえ涙拭く木綿のハンカチーフください」といって終わるけど、「デモサヨナラ」は「あきらめるわけにはいかないの」「乗り越えてみせるから」で終わって、だいぶ前向きで今時な感じ。

 ただ、本当に女の子の心情をリアルに描いた歌だったら、もっとあっさりするかドロドロするかのどっちかじゃないかな。

 そういう意味で、ちょっと嘘っぽくて、現実より若干古くさい女の子の健気さがアイドルソングっぽくもある。

BiSカバーはテンポが速くなって同じ歌詞でもだいぶ印象が変わる。音源の歌い手は関東育ちの子ばかりだし。
「乗り越えてみせるから」パートは今はウイぽん(ファーストサマーウイカ)が歌ってるんだけど、あの子が歌うと「もう新しい相手を探すからあんたのことは乗り越えるわー」って聞こえるから笑ってしまう。