ホンのつまみぐい

いろんなもののファンをやっている人が、日々のよしなしごとを綴っています。

歴史が動く瞬間に立ち会った ONE-MAN “BAD HOP HOUSE” @Zepp Tokyo

最初はBADHOPのプロモーション戦略の歴史や、楽曲に込められた感情とかをちゃんと書いた上でその日の流れが追えるようなレポにしようと思ったけど、時期を逃してしまったのでざくっとした内容で。 開始は金曜夜のZEPPTOKYO、19時30分。私が会場についたのは…

アイドルに「なりたい」あの子にとっての「IDOL SONG」

おおっぴらにされるのを好まないだろうから詳細は書けないのだけど、「自分自身にとっての理想の女の子を演じながら人を笑顔にするのが仕事」の女の子が、その仕事で大森靖子の「IDOL SONG」を使っている場面に居合わせた。 今、この文章を書くために改めて…

ロベルト吉野主催・豪雨災害復興応援ライブ「DRIFTAWAY」

数年後には西日本豪雨という言葉も、地元の人にしか通じない災害の名前になって、災害対策本部がすぐに作られなかったことも、その真っ最中にオウム真理教事件の死刑囚が一斉に処刑されたことも忘れられてしまうのだろうか。まず、どういう災害だったかを書…

オチはない

私はここ一年近く、仕事においても日常においても、人が生きていくための何らかの手助けになるようなことをしていきたいと思っていたのですが、そのためにはやはり自分が強くならなくてはいけないというのがあり、これは簡単なことではないなとずっと思って…

萩尾望都と青池保子が私たちの代わりに「どうして木原敏江が好きなのか」直接本人に伝えてくれる「総特集木原敏江-エレガンスの女王-」

なんといっても木原敏江×萩尾望都×青池保子鼎談。そして、この写真。 萩尾と青池がタッグを組んで当時の思い出を交えながらどんどん木原敏江の魅力を言語化してくれるのがとても頼もしい。 そして、2016年刊の「少年の名はジルベール」もそうなのだけど、こ…

吉野なおpre. 第24回 夜も明るい実験 ~3rdミニアルバムリリースパーティ~

ご縁があって行ってきました。 Mash Berry ウクライナの子と日本の子のコンビで重ための音のラップ。中学生と小学生なのかな? 不真面目とも違うのだけど、部活動的ぬるさがちょいつらい。やってることは面白いんだろうけど、本人たちが楽しんでやってるかも…

「校庭カメラなんとか、いっぱいあってよくわからない」人向けの校庭カメラガールドライとtapestok recordsの紹介

コウテカ3さん。ワンマン前のちょっとしたまとめ。「グループがいっぱいあってよくわからない」という声を聞くので整理しました。 校庭カメラガールはもともと、もるももるという女の子が、プロデューサーのVivid Jasさんに「ラップをやりたい」と訴えて出来…

タワーレコード横浜VIVRE店でamiinA「Jubiliee」リリイベから、みなとみらい赤レンガ倉庫で大海賊祭

6月24日(日)は現場かぶりがひどかった。 13時からヴィレッジ・ヴァンガード横浜ワールドポーターズでlyrical school「WORLD’S END」リリイベ。タワーレコード横浜VIVRE店でamiinA「Jubiliee」リリイベ。 みなとみらい赤レンガ倉庫で12時40分からさいとうりょ…

第2回「月に吠えらんねえ」(清家雪子)読書会の抄録(2018年4月22日)

4月22日に「月に吠えらんねえ」読書会の第2回を行いました。今回は、現在大学院で北原白秋について研究しているささ山もも子さんが参加して下さり、鳥井雪さん、高原英理さん、佐藤弓生さん、嘉納、池田での6名での開催となりました。前回の起こしがかなり大…

校庭カメラガールドライクラブツアーRainbows over Paradise tour in ENOSHIMA At.OPPA-LA

江の島オッパーラ最高!ロケーションでもう100点!!だからライブが塩だって大丈夫!!!というわけではないですが、江の島オッパーラでコウテカのクラブツアー初日観てきました。 トップバッターは中目黒solfa以来のmaco marets。開始直後の雑然とした雰囲…

lyrical school「WORLD’S END」リリースイベント@CUTUP STUDIO→RAP酒場もつ酢飯@Dimension

私のアイドルラップの基準が完全にtofubeatsとE-TICKET PRODUCTIONであることを差し引いてもらっていいのですが、実は新生リリスクの新曲MVが出るたびに「なかなかいいけど、PARADEやプチャヘンザを超えてこないな」と思っていたのでした。 実際、ポップスと…

ヌード展で思い出した「ストリップは芸術」という不思議な表現 @横浜美術館「ヌード NUDE ―英国テート・コレクションより」

評判通りの面白さでした。 かつてヨーロッパには「これは裸ではなくヌードである。ヌードにおいては、ポーズは挑発的でなく、背景は日常的でなく、モデルの顔は個性的であってはいけない」という口実があり、タブーである裸を描くために、神話の世界が利用さ…

川崎駅の東と西

SPECIAL OTHERSを観にラゾーナ川崎に行った。 ラゾーナは川崎駅西口にある神奈川県屈指の巨大ショッピングモールだ。 休日ともなると市外どころか県外からも大量の人が訪れ、多くの家族が車で出向いて買い物をし、フードコートでご飯を食べて帰る。 でっかい…

GANG PARADE「GANG 2」リリースイベント@タワーレコード横浜ビブレ店

開始直前に着いたら、私がこの店で見た中で一番というくらい人がいました。しかも若い子や女の子で一杯。本当に売れてきている感があって、なんだかしみじみしました。もちろん姿ほぼ見えず。 被せが強すぎて声だけだとピンとこなかったのですが、舞台袖のラ…

O’CHAWANZ 「TRAILER 1」 リリース記念インストアイベント@タワーレコード渋谷店6階

記憶も薄れてきたころですが備忘録的に。 のんのんれめるちゃんが辞めてどうなるのかと思っていたO'CHAWANZ。新メンバー募集かけてたなと思ったら、いつの間にかWEST SIDE PRINT CLUBがスタート。そのWEST SIDE PRINT CLUBには彼女のサーブのあおぎさんがゲ…

チームamiinAは絶対に私たちを裏切らない/amiinA 1st one man LIVE 『Griffonia〜World of the beginning〜』

amiinAワンマン、本当によかったですね……。 ワンマンって、楽しみは楽しみだけど、だいたい謎の緊張感あるじゃないですか。 この人たちは自分の期待を超えてくるのか? あるいは、ここにいる皆を楽しませることができるのか? とかいろいろ。 節目のライブし…

街の話をした

横浜で働いている時に出会った人で、とても尊敬している人がいます。今でも横浜を拠点に活動しているその人に、5年ぶりくらいに会いに行ったら、活動場所に「ルポ川崎」が置いてあって「おっ」と思ったんですよ。 いかにもその本が似合う人だから。 所用あっ…

2017年8月6日と2018年1月26日の記憶

2018年1月26日、日曜夜の渋谷O-NEST。 ロベルト吉野によるいつものルーティーンののち、ステージにサイプレス上野が現れた。「ぶっかます」スタートから、たしか「サ上とロ吉」「よっしゃっしゃす〆」からのMCという、いわゆるいつもの流れだったと思う。 と…

独自の遊びを開発し続けるオタクラップイベントTINPOT MANIAX vol.5はこの日も世界で一番だった

川崎駅のアニソンバーで、高野政所さんのDJと丸省さんのアオリに乗って、オタクがどんどん半裸になっていく。勝手に脱いだり、脱がされたり。 ほとんどサバトみたいになったそのフロアは、どう考えてもその日の「世界で一番」だった。 2018年3月で第5回を迎…

最近

ここ数ヶ月のライブの感想を読み返していたのですが、どの現場でもどこか気乗りしていないことが多い。 「ライブを観る」というのは、誰かの生き様を目の当たりにすること。 それなりの回数や年月見てきた人の変化や戦いを目にすると、その成否に関わらず自…

夢日記20180504

亡くなった父が家族皆におみやげを買ってきてくれる夢を見た。 父との思い出はもう増えないから、夢で補完をしているようでやるせなかった。 しかし、おみやげを包んだ封筒に書いてあった文字が祖父の字だったことに、若干のバグを感じた。 封筒に入っていて…

PURPLE COMET CLASH!!!!! Vol.8にwatasitatiと絶対忘れるなを観にいきました@大塚Hearts+

大塚Hearts+まで猫まみれ太郎くんの参加ユニットwatasitatiと、セルラ伊藤さんと志賀ラミーさん所属の絶対忘れるなを観に行きました。 Hearts+は大塚駅から少し歩いたところにあり、渋谷や新宿と違って街の通りの地下にぽつんとライブハウスがあります。 階…

RAP酒場@渋谷DimensionでMANOYさんのライブを観て、丸省さんの説得力に感動した

RAP酒場は草バトルとDJとライブで一晩遊ぶアットホームなイベントだ。ゴリゴリのクラブイベントよりちょっとナードな雰囲気で、バトルにも100円で参加できるし、ライブに出るのもまだまだ若手の子が多い。気軽で気さくな空間で、バトルからラップを知って初…

渋谷・道玄坂にある森の図書室は、スノッブな本好きの脳内妄想を具現化したしょうもない空間だった

MAZAIRECORDSのMANOYさんがRAP酒場でライブをやるというの渋谷Dimensionへ。ライブ自体は20時半からというので、ごはんを先に済ませようかなと思ってとりあえず会場前まで行くと、同じビルに森の図書室というカフェっぽいものが。 名前はなんとなく聞いたこ…

オクタゴンVSアイドルはオタクの感想も含めて面白かった「ギュウ農フェス春のSP2018」@新木場COAST

オクタゴン……! 昭和特撮の怪獣の名前……?? じゃなくて、新木場COASTのすごいサウンドシステムのことでした! パフォーマンス集団・電撃ネットワークのサソリ芸の人から、よく炎上するアイドルオタクのモヒカンおじさんに転身したギュウゾウさん主催のアイ…

toeからの渋さ知らズで泣きそうになったSYNCHRONICITY’18

渋谷TSUTAYA O-EASTを中心に開催される回遊型フェスのSYNCHRONICITY’18。このメンツで5800円ですか、今流行りの「実質タダ」じゃないですかということで行ってきました。 Have a Nice Day!MCちょい滑ってて、本人も客もあがるまで時間食ってたけど、やっぱハ…

川崎のライブハウスで川崎のラッパーを観た(King&Queen@セルビアンナイトでのBAD HOP、DAWG MAFIA FAMILY、LiLMANら)

BADHOP観るならやっぱり川崎。ということで、行ってきたKing&Queen@セルビアンナイト。(2018年1月14日) しかし、川崎駅前徒歩5分のところにクラブチッタ以外のライブハウスがあったなんて知らなかった。スケジュールを見ると登壇者はローカルなアーティス…

E-TICKT RAP SHOW2@代官山LOOPに行ってきた

2,000円で7曲実質45分というのはなかなか衝撃の高コストだけど、短いというのは何となく聞いていたのでさしてショックではなかったし、覚悟していた部分もあった。 ほかのイベントだったら愚痴るところだけど、「E-TICKT RAP SHOW」は岡島紳士らが何とかして…

MIRI 1stワンマンライブ 「spit it out」の後、MOSHI MOSHI MUSIC FESTIVALで春ねむりと脇田もなりを観ました

MIRI 1st ワンマンライブ 「spit it out」@SOUND MUSEUM VISION CD1枚で入場フリー&1ドリンクもしくは入場料1000円&2ドリンクのところ、かなり埋まっていて感動。アイドルオタクのほかにヒップホップオタクの人も多かったのでは。 ステージには左手にMIRIと…

よく出来たポートレートはまるで写真家による絵画だ/女性の肉体のかわいさ・かっこよさを突き詰めるスリリングな展示「アイドルレスラー展」

人間の肉体を撮影すると言うのが、こんなに面白いことなのかと認識させてくれる、めちゃくちゃスリリングな写真展だった。 アイドルレスラー展は女子プロレスラーたちを6人のカメラマンがそれぞれの方法で撮影するというコンセプトの写真展。 撮影方法や被写…