読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホンのつまみぐい

いろんなもののファンをやっている人が、日々のよしなしごとを綴っています。

雑多であることは「たのしい」、いろんなところから人が集まるのも「たのしい」/タイダルフロー&トウキョウトガリネズミ「タイダルトガリネズミ」2017年2月11日@Rlounge-7階

2017年2月11日の渋谷Rラウンジ7階では、タイダルトガリネズミという賑やかなパーティーが行われました。タイダルトガリネズミ、それはタイダルフロー&トウキョウトガリネズミのコラボレーション……。 タイダルフローはラッパーのTUMAさんとharuru犬さんの主催…

MICScream ラップ × バイオリン"fukuchan" × 餃子@代官山ロッヂ2月7日

植本一子写真展「家族最後の日の写真」からの「MIC Scream ラップ × バイオリン"fukuchan" × 餃子」。 名付けようのない時間を定着させる「家族最後の日の写真」植本一子写真展@Nidi gallery - ホンのつまみぐい もつ酢飯が出る。女性エントランスフリー(ワ…

アトムの遺伝子を感じる人体改造もの「錆のゆめ」

観測の範囲でないので正確な時期はわからないが、男性向けエロマンガとBLが表現においてどんどん重なり合ってきているというのは何となくでも伝わってきていた。 重なり合うというのはおかしいか。男が考えつくようなエロに女だって興奮するし、なんなら自分…

名付けようのない時間を定着させる「家族最後の日の写真」植本一子写真展@Nidi gallery

展覧会タイトルの元になっている書籍はまだ読んでいない。 石田家の日常と、病院での日々と、植本さんの日々。 食道がんで入退院を繰り返しているという今のECDは、私の父がガンで亡くなった年齢と近い。 泣くかと思ったけど、一枚で情動の引き鉄を引くよう…

昭和元禄落語心中の最終回、キレた人の感想

ちょっと過程と結論を事細かに説明する気力はないのだが。 おいおい、与太郎の人生は八雲のための……。なんだこれ、噛ませ犬? 引き立て役? いろんな言葉が出て来ていずれにも当てはまるな。聖なる道化はたしかに便利だろうけど、これじゃ尻拭いするために作…

チンポジム vol.7&猫まみれサイファーに参加しました

チンポジム vol.7@渋谷 1月21日 18時〜21時 下ネタOK、サイファーありバトルありのスタジオ練習会。 カレー会&秋葉原サイファー&その他いろんなところから来た人々でスタジオがいっぱい。15人くらい? 何気に秋葉原サイファーのメンツとちゃんとサイファーす…

MOROHAⅢ RELEASE TOUR MOROHA×STERUSS ×naf @厚木Thunder Snake 2016年12月4日

かなり期待していた対バンでしたが、体調不良につき楽しみきれませんでした……。寒空の下、鎌倉の露店でビールとソーセージをかっくらってから映画を観て、そこからさらに本厚木に移動というスケジュールが祟ったのか。 会場は厚木サンダースネーク。小さめの…

校庭カメラガールツヴァイ最後のリリイベとLAST one-man live“Dazed and Confused”のこと

今回のブログは基本的に日記のつもりなので、個人的なことをけっこう書きました。ライブのところだけ字を大きくしていますので、お忙しい方はそこだけ読むのもありです。っても、目についた物をほぼ全部書いたのでめちゃくちゃ長いです。 11日(水) 新宿で校…

15分くらいでわかる校庭カメラガールツヴァイ(1月13日解散ライブの宣伝)

もう明日でコウテカ2解散とかはえーな! ギリギリすぎて意味ないかもだけど、15分くらいでわかる校庭カメラガールツヴァイって記事作ったので、気になる人は読んでね! ふだんから現場に行ってる人には当たり前のことしか書いてないが。 校庭カメラガールツ…

コンプラだらけのオタクラップ祭り!「Tinpot X-Max(チンポクリスマックス)」もオンリーワンの爆笑イベントでした

フッドが産まれ育った街に直結しているサイプレス上野のトークイベントが12月17日。翌日18日はうって変わって、ネットでつながったオタク青年たちが運営するイベント「Tinpot X-Max(チンポクリスマックス)」へ。 ブログで何度か書いていますが、主催の「St…

ハスリングなんかしなくてもヒップホップできるから!「ジャポニカヒップヒップ練習帳」サイプレス上野 from Dreamraps 刊行記念トークイベント

1stアルバムが「ドリーム」。リード曲が「Bay Dream ~フロム課外授業~」。主催レーベルが「ドリーム開発」。 サイプレス上野はよく自分自身のプロダクトに「ドリーム」と名づけますが、これは一般名詞の「夢」だけでなく、固有の場所を示します。それは、…

日本語RAPと定型詩をテーマにした同人誌「in&on」の感想など

フリースタイルダンジョン関連で出会った人の中にはけっこう歌人や俳人がいて、「おっ、そこでつながるのか」という新鮮さがありました。広義の言葉遊びとしてのMCバトルと定型詩。 そんな歌人や俳人―定型詩の人たち―が集まって作った同人誌が「in&on」。日…

「総合芸術としてのアイドル」を実現させるアイドルがいるなら、それはきっとamiinAだ/amiinA presents WonderTraveller!!! act.5@www-x

「アイドルイベントに、いやライブそのものに興味がなくなってもこれだけは絶対に行こう」と思っている唯一のイベント、それが「amiinA presents WonderTraveller!!!」。 音楽を楽しむこと、自分たちだけの世界を構築すること、ステージとフロアがお互いに尊…

「失踪日記」吾妻ひでお

失踪日記 作者: 吾妻ひでお 出版社/メーカー: イースト・プレス 発売日: 2005/03/01 メディア: コミック 購入: 28人 クリック: 293回 この商品を含むブログ (1145件) を見る 失踪日記2 アル中病棟 作者: 吾妻ひでお 出版社/メーカー: イースト・プレス 発売…

ワッショイサンバ×無能「もつ酢飯」デビューライブ「PASS DA 煩悩」@池袋knot

ワッショイサンバ×無能のユニット「もつ酢飯」のデビューライブを見届けにPASS DA 煩悩@池袋knotへ。 池袋knotは駅から少し距離のあるアットホームな地下のクラブ。奥のソファーで演者が焼きそばを作っていたりする様子がちょっと部室のようでした。タバコの…

BELLRING少女ハート 活動休止前ワンマンライブ『BABEL』@赤坂BLITZ

ベルハーについてはすでにいろいろな人が言葉を尽くしているし、きっとたくさんの人が昨日のことについて書くと思うし、書き留めるべき個人的な思い出もないので、簡単に。 3時間弱、アンコールも含めて37曲。 フロアの狂騒も含めてライブアイドルの面白さと…

ヒップホップごっこのその先へ/校庭カメラギャル 1st e.p. 「スプラッシュマウンテンでざるそば」 リリースパーティ 「ウテギャ VS コウテカ2」 @新宿Loft

歌舞伎町のホストの看板は、まるで地下アイドルのアー写のようで、その発光具合に気圧されて思わず写真を撮っていたら、後ろから聞き取りやすい声のラップが流れてきた。振り返ると、スーツ姿の男性がサンタのコスプレをした女の子の写真をキャバクラの立て…

友人で、仲間で、先輩後輩で、師匠弟子で。17歳差の二人の集大成/サ上と中江ワンマンライブ「支配からの卒業」@代官山LOOP

ラッパー・サイプレス上野と東京女子流の中江友梨、17歳差・音楽家だけどジャンルは別々・おじさんと女子高生(開始当時)という不思議なコンビの3年間の集大成ライブ。 支配からの卒業は中江ちゃんがつけたタイトルらしいけど、深い意味はないそうだ。 もと…

映画「赤ひげ」悲惨は普遍だけど、ヒーローも普遍だ!@鎌倉市川喜多映画記念館

赤ひげ [Blu-ray] 出版社/メーカー: 東宝 発売日: 2010/02/19 メディア: Blu-ray 購入: 1人 クリック: 6回 この商品を含むブログ (3件) を見る 何このハートネットTV8回分。いや、クローズアップ現代5回分でもいいか。 赤ひげすごかった……。普遍と驚愕を秘め…

カレー会@都内某所12月2日

またカレー会にお邪魔しました。 MAZAIRECORDSは今コンピレーションアルバムを作っているそうで、スタジオ録音と並行してのサイファー。※カレー会、MAZAIRECORDSに関してはちょっと前のブログ参照。 soundcloud.com 前回参加の際は10人くらいでワンダーワー…

クリスチャン・ボルタンスキー  アニミタス-さざめく亡霊たち@東京都庭園美術館&牛腸茂雄という写真家がいた。@FUJIFILM SQUARE 写真歴史博物館企画写真展

クリスチャン・ボルタンスキー アニミタス-さざめく亡霊たち 正面入り口にあるチケットの列がやけに進まないと思ったら、おそらく50代後半と思われるおっさんが受付の人に「こんなバカな制度は聞いたことがない」「根拠はあるの?」と怒鳴ってる。何かと思…

山岸凉子展 「光 -てらす-」 ―メタモルフォーゼの世界―@弥生美術館

竹宮惠子の自伝には、まだ20代の山岸凉子がスッと現れては一言かっこいいことを言い残して去っていく場面がいくつかあり、その存在感が作風にぴったりでゾクゾクしたものでした。 少年の名はジルベール 作者: 竹宮惠子 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2016…

Shing02 & The Chee-Hoos / 田我流とカイザーソゼ / Kojoe & Aaron Choulai Quintet / DJ KENSEI@WWW X9月17日

田我流しか知らずに発作的に行ったやつ。前売り購入特典として入場時に演者のインタビューが載った冊子「Mary Joy Zine」がもらえたのだけど、これがすばらしかった。プロのライターを使った、内輪感のない作り。ヒップホップはあまり前売り券を買う習慣がな…

もみじ市2016で空気公団、コトリンゴ@多摩川河川敷9月18日

「コトリンゴと空気公団が無料で観られるから」と友人を誘って多摩川河川敷の「もみじ市」へ。 もみじ市はハンドメイド関連イベントや店舗運営、書籍の企画・執筆などを手掛ける手紙社の主催イベントで、てづくりエリートの集結の地だ。通常のハンドメイドイ…

コウテカ2ワンマンスーパー先行チケット即売イベント、校庭カメラガールツヴァイ×せのしすたぁ最後のツーマン

コウテカ2ワンマンスーパー先行チケット即売イベント アイドルの解散に慣れすぎてしまったためか、校庭カメラガールツヴァイの解散発表を聞いた時も、そんなに感傷的な寂しさはなかった。恋をしていたわけじゃないから、メンバーに会えなくなるのもそこまで…

映画「この世界の片隅に」追記:狂気の沙汰を覗き見たい人へ

映画『この世界の片隅に』予告編 映画「この世界の片隅に」を観て、最初に頭に浮かんだのは原民喜の「夏の花」でした。 「夏の花」は原の被爆体験をもとに書かれた短編小説で、原爆投下直後の広島を歩き回る主人公の目を通し、当時の惨事が生々しく描かれて…

夢ではなく予定のために生き延びる「証言~川崎を生きる~」@川崎市ふれあい館文化交流室/BADHOPのHOODで

川崎市は横浜市のお隣さんだ。だから、多数の運動施設を備え、育ちのよさそうな子供がのんびり遊ぶ等々力緑地も、お世辞にもきれいとは言えない川崎駅東口の商店街・銀柳街も、ニュータウンを絵に描いたようさっぱりした光景の川崎駅西口の大型商業施設・ラ…

悪い予感のかけらもないさ展@横浜市民ギャラリーあざみ野

そこそこいろいろな現代美術の現場を見た結果として「現代美術は美術オタクのオナニーで、社会と全然接続してないんだよ」という失望から逃れられなくなっていたけど、そういう後ろ向きな気持ちを吹き飛ばしてくれた展示。以下、作家別に感想。 関川航平 鉛…

戦極MCBATTLE×池袋パルコ ROOFTOP MC BATTLE

金曜日はダースレイダーのCDを借りにカレー会へ。 カレー会は少し前の記事で紹介したチンポマニアックスの主催者たちがやっているサイファーです。今や特急が止まる駅では必ず開催されているといわれるサイファーですが、ほとんどのサイファーが地縁で成立し…

大学生ラップ選手権9月19日@渋谷R-lounge、そして戦う女性ラッパーの更新される今

「そろそろMCバトル飽きたなあ。見た目と生まれとスキルの話ばっかりだし」と思っていた頃に女子ラップ練習会に参加して、バトルの難しさと面白さを実感したのが8月27日の話。 それから約1か月後の大学生ラップ選手権本選に、練習会で知り合った無能さんとワ…

ブラック業界でそれでも生き延びた作者による伝言「アニメがお仕事!」石田敦子

マウスを狭い空間の中に詰め込むと、イライラが募ってお互いを傷つけあってしまうという。これは人にも当然当てはまるわけで、労働環境が劣悪だと人は退化してお互いを貶めあってしまう。 「アニメがお仕事!」は第一線のアニメーターとして活躍し、現在はマ…

オタクとラップの馴れ合いの場はどこよりもオンリーワンな下ネタ現場だった Tinpot Maniax vol.2 @月あかり夢てらす

そういえば、6年くらい前、初めてTwitterでラップの話をした相手はアニオタの男性だったなあと思い出しながら川崎へ。 その時は「ラップとか好きなんですか?意外です」というような私のリプライに「ラップは言葉遊びの要素が強いので、けっこうオタク好きで…

「描く!」マンガ展 ~名作を生む画技に迫る―描線・コマ・キャラ~@川崎市市民ミュージアム

うわさのイベント、第2回訪問!なぜなら図録を買わなくてはいけないから……。 手塚治虫・石ノ森章太郎・水野英子・赤塚不二夫・藤子不二雄 石ノ森章太郎主催の東日本漫画研究会による肉筆回覧同人誌、墨汁一滴が圧巻。 東日本漫画研究会は、漫画少年読者欄で…

いいにおいのする次に輝くやつらの無料ライブ(Vampillia主催)@代官山UNIT

9月12日の代官山UNITは、Vampilliaの主催するフリーイベント「いいにおいのする次に輝くやつらの無料ライブ」。 ドリンク代500円に加え、シール1枚とダウンロードコードをもらえて合計1000円という破格のイベント。Vampilliaは何をやっているのか説明しにく…

藤沢駅前広場をクラブカルチャーが乗っ取った第5回湘南藤沢たから市

藤沢駅前のサンパール広場をクラブが乗っ取った藤沢たから市。素朴な名称に反してガチな「音楽と政治」現場で大変面白かったです。 2016年の夏は東京都選挙管理委員会のイベントにラッパーが出演したり、フジロックフェスティバルへのSEALDSの参加が話題にな…

トラウマ社会派アニメ「タイガーマスク」を原口正宏が語り倒した!「TVアニメ50年史を語る 『スポ根アニメ』黄金期」

去年のイベントのメモ。塩漬けになっていたのですが、新たにアニメが公開されるということで清書して更新します。 原口正宏アニメ講義vol.9 TVアニメ50年史を語る 『スポ根アニメ』黄金期。 タイトルに反してタイガーマスクの話が8割でしたが、面白かった…

梶原一騎生誕80年記念~一騎に祝え!!~レポート

梶原一騎の非公式データベースサイト「一騎に読め!」を運営しているBONさん主催・登壇の梶原一騎生誕80周年イベント。 梶原一騎原作漫画網頁『一騎に読め!』 トークのお相手はまんだらけZENBUにて「梶原一騎の逆襲」を連載中で、「なつ漫探偵団」という著…

「ラッパー同士はしゃべるよりラップした方がお互いがわかるって マジでその通り」女子向けラップ練習会に参加しました

本番数日前に「あっ、そういや私、頭の回転遅かったわ」「その上、リズム感とかゼロだったわ」と気付いてギョッとして、これは対策を考えねばと思いつつ参加した「女子ラップ練習会」。 フリースタイルダンジョンからラップにはまり、ひとりでサイファーに飛…

あなたは美しいタテマエを楽しめる?「ズートピア」

草食獣と肉食獣が共存するために高度に設計された世界で、それでも起こるすれ違いを乗り越えようとする動物たちを描いたズートピアは、あらかじめ人々の心の灯台になることを目指したような映画だった。 アメリカの正義が、子供向け映画の中に詰め込まれた政…

校庭カメラガールツヴァイ 「Dis dear month of August」リリースイベント最終日@ダイバーシティ東京プラザ2F フェスティバル広場(ガンダム前)

リリイベファイナル。 前日にののるるれめるちゃんとうぉーうぉーとぅーみーちゃんがツイキャスをやったり、メンバー皆がTwitterで「絶対楽しいから来てほしい」と煽ったりと、オタクもメンバーも気合いの入っていたのですが、音響トラブルで40分押し、途中…

横浜校庭フェスティボー feat.963,ウテギャ/校庭カメラガールツヴァイ「Dis dear month of August」963「ストロー」リリースイベント/@タワーレコード横浜ビブレ店

ギャングスタラップでもフィメールラップでも文化系ラップでもなく、やっぱアイドルラップなんですよ! 久々の校庭カメラガールツヴァイ。やっぱ最高に私の好きなアイドルラップだったから、ここは大声で主張しておきます。 正直、今回のEP、サウンドクラウ…

狐火・けーご「EXHIBITION OF 不可思議/wonderboy “SPOKEN WORD BOY”」@七夕の夜のリキッドルーム内ギャラリーKATA

七月七日、湿気を含んだ夜の街を眺めながら恵比寿リキッドルームへ急いだ。 リキッドルーム2階の階段を上がると浴衣姿の女の子がたくさんいた。ライブハウスでのイベントに出演する男性アイドルのファンだろう。薄汚れたライブハウスの壁の前に立つ浴衣姿の…

校庭カメラガールツヴァイ らら&れめる生誕祭@新宿MARZ 6月11日

だいぶ古いので記憶もあいまいなのですが、行った現場は残すのが一応のポリシーということで。 ざくっと感想。 校庭カメラギャル ビア・ファローちゃん離脱前夜と言ってもいいのかな。彼女、頑張ってたようなので残念。お披露目以来に見たのですが、ソリッド…

生きづらさも寂しさも受け止めて祝福に変える女の子たちの旅路「6’n’ Roll History 〜ゆるめるモ!第1章総集編〜」

応援歌でもなく、ラブソングでもない。ただただ、生きているあなたに対する祝福の歌を歌うアイドルが「ゆるめるモ!」。 7月10日、もねちゃんとちーぼうの卒業ライブ。新木場coastで踊る6人の女の子たちを見ながらそんなことを思った。 地獄みたい きっと明…

2014年の地下アイドル現場の記録「ゼロからでも始められるアイドル運営」「サイプレス上野とロベルト吉野のアイドル ライヴオン ダイレクト」

ゼロからでも始められるアイドル運営 楽曲制作からライブ物販まで素人でもできる! (コア新書) 作者: 大坪ケムタ,田家大知 出版社/メーカー: コアマガジン 発売日: 2014/06/03 メディア: 新書 この商品を含むブログ (5件) を見る ゆるめるモ!運営の田家大知…

ストイックで思索的な往復書簡「誰にもわからない短歌入門」鈴木ちはね/三上春海

こういったストイックで思索的な試みこそが、美しいと呼ばれるべきなのだろう。 鈴木ちはねと三上春海がひとつの短歌について、往復書簡の形式を取りながら丁寧に言葉を積み上げていく様を、私の貧しい語彙で表現するのは無粋なので、いくつか引用を。 あと…

サバイバーに対する敬意がにじみ出る映画「ルーム ROOM」

www.youtube.com おとぎ話のエッセンスを加えれば、耳を塞ぎたくなるような酷い話も芯を守りながら多くの人に届けられる。とても巧みな作品でした。 この映画は、長髪の小さな男の子が、青く塗られた部屋の中で小さな天窓を見ているところから始まります。 …

TOHYO CYPHERかっこよかったアーティスト3組とイベント全体の雑感―7月22日追記:「音楽で一つになる」って実は危ないことなんじゃないか?

えっ、もう選挙当日じゃないですか。 ちょうど1ヶ月前に行われたTOHYO CYPHERの感想、最初時系列順に書いてたんだけど、長くて読んでられないって友人に言われたから書き直したぞ。前回の分はこっち。 シンプルに、2日目、かっこよかったアーティスト3人!か…

ハマのお祭りでRHYMESTERを観たよ!サイプレス上野 presents「建設的」~HIPHOPミーツallグッド何か~

6月のサイプレス上野とロベルト吉野現場3本目! サイプレス上野プレゼンツ「建設的」のスペシャルゲストはRHYMESTER! サ上が昔、blast(今は亡きヒップホップ専門誌)の連載に毎月手紙を送っていたという佐々木士郎こと宇多丸の所属するRHYMESTERだっ! 会…

生きるアート 折元立身@川崎市市民ミュージアム

www.kawasaki-museum.jp 激しかった……。 アルツハイマーの母親・男代さんを撮ったシリーズ「アートママ」や、パンを被って街を歩く「パン人間」は見たことがあったのだけど、それ以外の作品はほぼ初めて観た。 中でも目を引いたのは膨大な量のドローイングだ…